주요 기사 바로가기

<東日本大地震>「日本人が車で空港まで送ってくれた」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.03.14 12:05
0
13日午後2時36分、金浦(キンポ)空港。日本からアシアナ航空便で到着したリュ・ジョンアさん(30、女性)はやや上気していた。リュさんは、「突然の大地震にとても驚いたが日本人たちの冷静さと親切なことが印象的だった」と話した。

世宗(セジョン)大学固体物理学科博士過程に在学中のリュさんは、地震が発生した11日午後2時40分ごろ、東京のプリンスグランドホテル6階でセミナー中だった。リュさんは、「建物が揺れ全身が凍りつくようだった。怖くなって机の下で身動きができなくなっていたが、日本人の友人らが外国人らの面倒をみていた」と話した。リュさんは国際学術会議が終わった後、12日に帰国しようとしたが航空券を取れず1日延期した。リュさんは、「余震が続き夜には1階ロビーで服を着て運動靴をはいたまま背を丸くして寝た。万一の事態に備え一行が2人ずつ組んで不寝番に立った」と説明した。空港までの交通の便がなく困っているとすぐに国際学術会議主宰側の日本人が救いの手を出したという。リュさんは、「日本人が直接乗用車を走らせホテルから羽田空港まで連れて行ってくれありがたかった」と話した。

大地震3日目の13日、仁川(インチョン)空港と金浦空港の入国ロビーは一日中込み合った。日本と韓国を行き来する20便余りの航空便は日本を脱出する韓国人と帰ろうとする日本人が集まり満席に近い搭乗率を記録した。大韓航空便で成田空港から仁川空港に到着したキム・ミョンインさん(53)は、11日に東京の京王プラザホテル33階で衣類販売の商談中だった。キムさんは、「日本にはよく行き、地震は何度も経験したが、今回は強さが違った。窓の外を見ると47階のホテルが風に揺れる竹のようにふらつく感じだった」と話した。「地震が収まるのを待って33階から歩いて下りてきた」と付け加えた。

日本に帰る乗客も多かった。金浦空港でこの日午前9時に日本に発った日本人は、「東京の家族とメールでだけ無事だという連絡を受けた。韓国企業と投資協議をしに来たが家族が心配になり急いで帰国する」と話した。

成田空港と羽田空港には韓国行の乗客が集まり航空チケットはほぼ満席となった。アシアナ航空関係者は、「日本から仁川や金浦に来る航空便の予約率は100%に近い。仁川や金浦行のチケットを入手できない人たちが金海(キムヘ)や済州(チェジュ)行の航空便を利用している」と伝えた。

一方、日本と韓国を行き来する大部分の航空便は12日から正常運航された。国土海洋部のイム・ヒョンチョル国際航空課長は、「地震当日に閉鎖された成田空港と羽田空港は1日で正常化した」と話した。だが、地震と津波被害が激しい仙台空港と茨城空港は閉鎖中のため、仙台空港に就航する1日1便のアシアナ航空は欠航している。
【今日のイチオシ記事】
・<東日本大地震>「日本はある」…惨事でも配慮忘れぬ文化に世界が驚いた
・<東日本大地震>韓米中ロの救助隊員、次々と日本に到着
・サユリ「日本の地震、韓国が一番最初に助けてくれた」
・<東日本大地震>「日本人が車で空港まで送ってくれた」
・韓国、アラブ首長国連邦で132兆ウォンの原油確保
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP