주요 기사 바로가기

不明ヘリに搭乗の女性巡査の遺体発見…墜落原因はわからず

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.02.25 09:50
0
23日夜に済州(チェジュ)近海で行方がわからなくなっていた南海地方海洋警察庁済州航空隊所属のAW-129ヘリに搭乗していたイ・ユジン巡警(巡査に相当)の遺体とヘリの残骸が見つかった。

済州海洋警察署のソン・ナテク署長は24日の定例会見で、「きょう午前8時21分ごろ、済州市翰京面(ハンギョンミョン)の遮帰島(チャグィド)から北西に57マイル(約103キロメートル)地点で尾部とドアなどヘリの残骸とともに巡警の遺体を発見した」と明らかにした。

イ巡警の遺体は発見当時、顔の両側が陥没しあざができていたという。海洋警察はイ巡警の遺体を済州大学病院葬礼式場に安置した。ソン署長は、「事故当時の天候は風速8~10メートル、波の高さは1~2メートル、視界926メートルと晴れており良好な状態だった。事故原因は天候悪化ではないものと推定される」と話している。

操縦士の習熟不十分の可能性についても、「機長のイ・ビョンフン警偉(警部補に相当)はAW-139ヘリを操縦するためイタリアで教育を受け、夜間飛行時間も200時間余り、夜間救助経験も6回に上る」としている。行方がわからなくなっているイ警偉と副機長のクォン・ボムソク警偉は、昨年の哨戒艦沈没事件などの捜索作業にも投入されたベテラン操縦士だ。

海洋警察は墜落したヘリのブラックボックスが回収すれば事故原因がわかるとみている。

海洋警察は残る行方不明者を捜索するため海洋警察庁の航空機1機と警備艦8隻、海軍艦艇2隻などを動員して遺体と残骸が発見された周辺海域を捜索している。

海上に墜落したAW-139ヘリは23日午後8時20分ごろに遮帰島の西側74キロメートル地点にいた済州海洋警察署の1502艦から緊急患者のイ巡警を乗せ済州空港に向かっている途中で連絡が途絶えた。

◆AW-139ヘリ=先端救急医療装備を備えているイタリア・アグスタウェストランドの新型ヘリ。エンジン出力3062馬力、航続距離700キロメートルに及ぶ。1機当たりの価格は約200億ウォン(約14億5000万円)に達する。
【今日のイチオシ記事】
・<野球>三星、日本ハムに屈辱のノーヒットノーラン敗
・リビア暴徒、韓国建設現場を襲撃…車30台強奪
・韓国人4割「日本の独島領有権主張、至急解決すべき」
・「エジプトの独裁は倒れた」北朝鮮向けにビラ散布
・日本産「ステンレス厚板」に反ダンピング関税
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP