주요 기사 바로가기

済州道で5人乗せた海洋警察のヘリと連絡途絶える…墜落か

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.02.24 08:22
0
23日午後9時3分ごろ、済州道(チェジュド)北西側海上で5人を乗せた南海地方海洋警察庁済州航空対所属のAW-139ヘリコプターとの連絡が途絶え、海洋警察が捜索に乗り出した。

済州海洋警察署によると、ヘリコプターには航空隊所属機長のイ・ビョンフン警偉(警部補に相当)と副機長クォン・ボムソク警偉、ヤン・チュンソク警査(巡査部長に相当)、チェ・ミョンホ警長(巡査長に相当)の航空隊員4人と、済州海上警察1502艦所属イ・ユジン巡警(巡査に相当)が搭乗していた。事故直後に13隻の艦艇を動員して捜索に出た海上警察は、ヘリコプターが墜落したと判断している。

ヘリコプターはこの日午後8時20分ごろに済州空港を出発し、済州市翰京面(ハンギョンミョン)の遮帰島(チャグィド)西側74キロメートル地点にいた警備艦で突然倒れたイ巡査を乗せ済州大病院に向かう途中だった。ヘリコプターは1502艦から出発すると報告して10分後に連絡が途絶えた。AW-139ヘリコプターはイタリアのアグスタウェストランドが製作したもので、21日に済州航空隊に配備され本格運営された。
【今日のイチオシ記事】
・中国の楊外相「韓日防衛協力知っている」…懸念の表明か
・【コラム】崩壊する日本民主党と独島
・恐怖のリビア脱出記...67時間で2300キロを走った
・文化部長官「日本ドラマを開放する時期」
・北朝鮮でも“ジャスミン”漂う…住民の暴動デモ相次ぐ
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP