주요 기사 바로가기

「三星入社、韓国女性と結婚」が夢の米国大学生

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.02.22 13:05
0
今年の冬に韓国を訪問した際、飛行機の中であったことだ。 隣の若い米国人女性と話を交わした。 彼女はアジア旅行が初めてだという。 また「韓国の航空会社が世界の航空会社の中で最高という記事を見た」とし「新しい飛行機で、素敵なユニフォームを着た乗務員も美しく、サービスも良いため、旅行が楽しみ」と話した。 さらに「仁川(インチョン)空港は世界最高」とし「最高の航空会社の飛行機に乗り、最高の空港に降りて旅行するのがを待ち遠しい」と語った。

私は 隔世の感を感じた。 20年前の米国飛行機旅行を思い出した。 その時はノンカフェインコーラ、チェリーコーラなど、さまざまな飲み物が出てくるのを見て感嘆した。 シカゴのオヘア空港に到着した時は、その大きな規模と現代的な施設に圧倒された。

最近オヘア空港は消費者満足度でほとんど最下位にある。 ウォールストリートジャーナルは最近、「アジア航空市場の売上高が北米航空市場を抜き、米国航空会社はアジアに死活をかけているが、到底サービス品質で競争にならず苦戦している」と報じた。

ニューヨークで友人に聞いた話だ。 コネチカット州立大で電子工学科の首席学部生と将来の希望について話して驚いたという。 学生が明らかにした人生の目標のためだ。 その男子学生は三星(サムスン)電子に入社し、韓国人女性と結婚し、ソウルで暮らしたいと話した。 また三星電子は学科の首席になってこそ入社を目指すことができ、勉強ができなければ志願もできないと語った。 彼は延世(ヨンセ)大語学堂で6カ月間ほど韓国語を学び、今年の夏には西江(ソガン)大で交換留学生として勉強する予定という。 すでに新村(シンチョン)の大学文化にどっぷりとはまっていた。 彼はMITも合格したが、お金がないため州立大に入った米国の田舎出身の学生だった。

ラスベガスの家電見本市では三星電子のブースに最も多くの人が集まり、モーターショーではトヨタよりも現代(ヒョンデ)自動車のコーナーが混雑していたという。 今はもう、韓国製品が世界市場で善戦するだけでなく、サービス産業の航空会社、チキン店、アイスクリーム店などでも韓国企業が米国人の心をとらえている。 「キョチョン」チキン店がニューヨーク市のコリアタウンに開店した当時、数時間前から現地の人が列をつくり、記念写真を撮った。 最近オープンしたパリバケットも、韓国の洗練されたインテリアと味でニューヨーカーの注目を集めている。 シカゴで不渡りを出した小売り店を買収したHマートは現地人で賑わっている。

20年前のディズニーワールドでは、すべてのパンフレットと案内放送に日本語が含まれていた。 どこへ行っても日本人がショッピングをしていた。 いまニューヨークでバスの案内文、地下鉄切符販売機、空港、銀行の現金自動預け払い機(ATM)には韓国語と中国語が書かれている。 日本語はない。 筆者が在職している科だけでも韓国人教授が4人もいる。 セミナーをすれば、半分以上が中国人と韓国人だ。

本当に大きな変化だ。 ソウルがアジアで最も魅力的な都市として紹介されたりもする。 かつて韓国はアジア4竜の一つとして外国に紹介されていた。 しかし今では残りの台湾・香港・シンガポールをすべて合わせても韓国に及ばない。 今後、韓国も移民庁を設立し、外国人関連の業務を一つに集めることを検討するという。 大韓民国がアジアで最も行ってみたく、働きたい国になることを願う。
【今日のイチオシ記事】
・銃刀を持ったリビア住民、現地建設現場を襲撃…韓国人3人負傷
・「国情院の介入、確認してほしい」…インドネシアが韓国に正式要請
・キム・ヨナが1年ぶりに復帰…東京での世界選手権で新記録出すか
・原発はUAEに輸出したが…李大統領のT-50輸出への執念
・少女時代、日本でKARAめぐる質問に困惑
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP