주요 기사 바로가기

韓国トヨタ社長「現代車のリーダーシップを学びたい」

ⓒ 中央日報日本語版2011.02.09 10:47
0
レクサスとトヨタが最近、唯一韓国市場だけで不振を免れずにいることについて、韓国トヨタ自動車社長が公開的に自己批判をした。

中林尚夫韓国トヨタ社長(51)は8日、ソウル漢南洞(ハンナムドン)ハイヤットホテルで記者懇談会を開き、「10年間(経営を誤って)遅れをとったのは事実」と述べた。

中林社長は「モデルのラインアップ不足やリコール問題の影響でなどで、レクサスブランドは昨年、韓国で振るわなかった」とし「競争が激しい韓国では一定規模以上を販売してこそ認知度を確保できるという点で攻撃経営に乗り出す」と強調した。続いて「今年は韓国でトヨタ7500台、レクサス6000台を販売する」と述べた。

中林社長はライバル会社の現代自動車について前向きな評価をした。中林社長は「1年余り韓国に住みながら感じたことは3つに要約できる」とし「現代車を含む韓国企業が熱心に仕事をするという点、強力で速いリーダーシップを持っているという点、そしてそのリーダーシップを確実に補佐する支援グループがあるという点」と説明した。

現代車の日本撤収については「強力なリーダーシップを持つ会社なので、戦略的に判断したのだろう」とし「トヨタも謙虚に現代車と韓国市場について学ぶ姿勢が必要だ」と述べた。
【今日のイチオシ記事】
・ノーベル賞に最も近い韓国人 「賞のことは考えない」
・北朝鮮、中国産動物用飼料を軍人らに配給」
・韓国トヨタ社長「現代車のリーダーシップを学びたい」
・有望作家が夭折 「残りのご飯をください」遺言に衝芌…映画関係者の生活苦
・100億ウォン台の遺産めぐり南北の兄弟が争い


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP