주요 기사 바로가기

「自然産」発言の安商守代表がまた…民主化運動烈士墓で床石踏む

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.01.27 16:38
0
ハンナラ党の安商守(アン・サンス)代表が26日、光州(クァンジュ)広域市の国立5.18民主墓地を参拝した際、墓の床石を踏んだ。

安代表は故パク・グァンヒョン烈士の墓碑を触りながら床石に足をのせた。「床石」とは四角形の石の祭壇で、ここに供え物が載せられる。床石に足をのせるのは欠礼というのが常識だ。

民主党の車英(チャ・ヨン)報道官はこの日、「床石を踏むというのは、光州民主化運動の崇高な精神を踏みにじるようなものだ」と批判し、「安代表は‘自然産(整形していない女性)’発言をしてからまだ1カ月も経っていない」と皮肉った。

5・18拘束負傷者会など光州民主化運動関連4団体も「崇高な5・18民主化の英霊が眠っている墓地の床石を踏むことは、5月の英霊に対する深刻な欠礼」という声明を発表した。

これに対し安代表は「理由に関係なく申し訳なく思う」と謝罪した。ハンナラ党の裵恩姫(ペ・ウンヒ)報道官は「安代表の左肩は不自由で、両手で碑石を包み込むようにした過程で起きた」と釈明した。
【今日のイチオシ記事】
・<アジア杯>日本メディア「奇誠庸の侮辱行為に処分も」
・<アジア杯>韓日戦、「キム・ヨナ悪魔仮面」「旭日旗」に非難集中
・オバマ大統領「北朝鮮は核放棄を」、昨年に続き圧迫
・KARAの日本ドラマが中断? テレビ東京「代わりの放送を考慮」
・鮐首相、また「韓半島に自衛隊派遣検討」発言
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP