주요 기사 바로가기

「海賊のロケット砲に当たるところだった」

ⓒ 中央日報日本語版2011.01.25 11:14
0
海軍がソマリア海賊に拉致された「三湖(サムホ)ジュエリー号」救出作戦の「アデン湾の黎明作戦」に参加した清海(チョンヘ)部隊駆逐艦将兵らの手記を24日に公開した。

手記によると、清海部隊の駆逐艦「崔瑩」(チェヤン、4500トン級)が海賊の携帯ロケット砲(RPG-7)に攻撃される危険な状況に置かれたことが明らかになった。

清海部隊特殊戦要員(UDT)として作戦当時に狙撃手を務めたパク中佐は、「攻撃チームが船に上がれるよう援護射撃をしている間、海賊1人がRPG-7を駆逐艦側に狙っているのを識別し照準射撃で無力化した」と証言した。パク中佐は、「もし1発でもこちらに飛んできたら味方の被害が想像された。その瞬間は本当に緊迫した」と話した。

UDT攻撃チームで三湖ジュエリー号に突入したキム中佐は、「船橋に進入して海賊を制圧した後の捜索中、船橋の角に数人が集まっているのを発見した。船員らは恐怖にうなだれていた」と当時の緊迫した状況を説明した。

キム中佐は、「進入後、“大韓民国海軍清海部隊です。韓国の人は頭を上げて下さい”と叫ぶと、やっと全員が安堵のまなざしで私を眺めた。しかしこの時船員1人が“海賊が船長を撃ちました”と話し、その瞬間肝を冷やした」と話した。

彼は、「船長が複数の銃創があったが意識があり普段の訓練の通り止血した。船員らは船長が海賊に抵抗したという理由でそのような目に遭ったと述べた」と伝えた。
【今日のイチオシ記事】
・「海賊もいまでは韓国海軍を恐れている」
・<アジア杯>今夜ドーハで韓日決戦 具滋哲・香川真司の足に注目
・中国人ピアニストがホワイトハウスで反米扇動曲を演奏
・「拘束した海賊とクムミ号の対等交換を検討」
・KARA3人の親「もっと金をくれというものではない」
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP