주요 기사 바로가기

鄭夢準FIFA副会長、5選ならず…韓国サッカー外交力に打撃

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.01.07 11:33
0
鄭夢準(チョン・モンジュン)大韓サッカー協会名誉会長(60)が国際サッカー連盟(FIFA)副会長5選に失敗した。

鄭夢準名誉会長は6日(日本時間)、カタール・ドーハのシェラトンホテルで行われたアジアサッカー連盟(AFC)総会FIFA副会長選でヨルダン王子のアリ・フセイン氏に敗れ、落選した。全投票数45票のうち、鄭夢準名誉会長は20票、フセイン氏は25票を獲得した。94年に初めてFIFA副会長に当選した鄭名誉会長は、これでFIFA副会長と執行委員資格をともに失った。

FIFA副会長は欧州(2人)を除いて大陸別に1人ずつ、計7人が活動する。FIFA副会長はFIFA最高議決機構である執行委員会委員(24人)資格を持つ。ワールドカップ(W杯)開催地の選定など強大な力を持つ執行委員の席を離れることになった鄭名誉会長は、これまで国際サッカー界で築いてきた地位を一気に失うことになった。これに伴い、韓国のサッカー外交力は大きな打撃を受けることになる。

鄭名誉会長は「イスラム圏の国は団結した半面、私たちを支持する周辺国は多くなかった。隣接国から信頼関係を築くことが重要だ」と敗因を分析した。

フセイン氏はヨルダンサッカー協会、西アジアサッカー連盟(WAFF)会長を兼任している。WAFFにはイラク・ヨルダン・レバノンなど13カ国が加盟している。


【今日のイチオシ記事】
・北朝鮮、金正恩後継への軍の反発防ぐため党規約を変更
・韓国だけが急拡散…口蹄疫ミステリー
・別れ別れの東方神起とJYJ、葛藤へと発展か
・中国が北朝鮮の羅先経済特区に力を注ぐ理由
・30メートル上空で50人が「恐怖の30分」…ロッテワールドで遊具故障
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP