주요 기사 바로가기

ハンナラ党の鄭夢準代表と指導部が辞意を表明

ⓒ 中央日報日本語版2010.06.03 09:56
0
鄭夢準(チョン・モンジュン)ハンナラ党代表とハンナラ党指導部が6・2地方選挙での事実上の敗北を認めて辞意を表明したものと3日午前、伝えられた。

鄭代表は全国遊説現場を歩いて選挙戦を指揮した中央選挙対策委員長として“敗将”の責任を負うと判断をしたものとみられる。

継承職代表という弱点に選挙敗北という決定打まで受け、党内基盤が急速に弱化されるものと見て辞退意思を表明したとされる。

今回の選挙結果が朴槿恵(パク・クンヘ)元ハンナラ党代表の党内での立場を強化させることなのかについては食い違った分析が出ている。

自分の所信を固守し、選挙支援に背を向けた彼女が党内批判を避けることができないというものと、一方で「代案は朴槿恵だけ」という世論が強化されるという見方がある。




【今日のイチオシ記事】
・‘親韓派首相’辞任を惜しむも「天安皁協調維持に期待感
・【6.2地方選挙】民主党大勝 …「2002盧風選挙」再現
・【ニュース分析】普天間・政治資金ブーメラン…鳩山首相8カ月で辞任
・【6.2地方選挙】ソウル市長に呉世勲氏当選確実
・韓米、8日から西海で大規模な連合訓練


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP