주요 기사 바로가기

10月25日は「独島の日」

ⓒ 中央日報日本語版2010.10.25 14:21
0
2010年10月25日、独島(ドクト、日本名・竹島)の意味を改めて確認する「独島の日」が宣布された。 110年前の今日である1900年10月25日は、高宗(コジョン)皇帝が「独島はわが国の領土」であることを万国に宣言した大韓勅令第41号が制定された日。

韓国教員団体総連合会(教総)は、独島が大韓民国の大切な領土であることを国内外に明確に知らせ、学生に正しい歴史認識と国に対する愛を悟らせることを目的に毎年10月25日を「独島の日」、前後の1週間を「独島週間」に定めた。

現在、鬱陵郡(ウルルングン)が属している慶尚北道(キョンサンブクド)は毎月10月を「独島の月」と指定し、記念行事を開催しているが、全国規模ではこれを記念していない。 このため全国組織を持つ教総が「独島の日宣布と独島週間運営」方針を明らかにした。

これは全国単位で初めて宣布された独島記念日で、今後、政府レベルの「独島の日」制定にも大きな影響を及ぼすとみられ、その意味は大きい。

一方、日本の島根県は韓国政府の強い抗議にもかかわらず、2005年に「竹島の日」条例を制定し、毎年2月22日に記念行事を開いている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP