주요 기사 바로가기

LG化学、ルノーの電気自動車にもバッテリー供給

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.10.01 09:48
0
LG化学は30日、仏ルノー自動車に電気自動車用の二次電池を供給すると明らかにした。これを受け、LG化学がバッテリーを供給する自動車会社は8社に増えた。

LG化学はルノーに先立ち、米国のGM・フォード・イートン、欧州のボルボ、中国の長安汽車、韓国の現代・起亜(ヒョンデ・キア)自動車、CT&Tに電気自動車バッテリーを供給する契約を結んでいる。同社が供給するリチウムイオンバッテリーは来年から量産されるルノーの電気自動車に搭載される。

金磐石(キム・バンソク)LG化学副会長は「ボルボに続いてルノーを顧客として確保することになり、急成長する欧州電気自動車市場で優位を獲得することになった」と述べた。

 
今回の契約は、LG化学がこれまで結んだ二次電池供給契約のうち最大規模になる見込みだ。ルノーは同じ系列の日産自動車とともに進んだ電気自動車技術を保有しているという評価を受けている。2012年までに年50万台規模の電気自動車量産能力を備えるのが目標だ。

現在ルノーが販売計画中の電気自動車は計4車種。業界はルノーの電気自動車販売目標に基づくとLG化学のルノー売上規模は2兆ウォン(約1500億円)以上になると予想している。

LG化学はひとまず忠清北道(チュンチョンブクド)梧倉(オチャン)工場で生産した二次電池セルを輸出する計画だ。しかしルノー・ボルボに製品を円滑に供給するため、欧州に工場を設立することも検討している。会社側は年末までに電気自動車用二次電池の供給先をさらに2-3社増やせると見込んでいる。


【今日のイチオシ記事】
・日米中の‘為替戦争’ 韓国は眺めるだけ…
・LG化学、ルノーの電気自動車にもバッテリー供給
・白菜価格の高騰で李大統領が‘キャベツキムチ’指示
・パク・ジョンアのすらりとした脚線美
・「キム・ジョンウン氏、北朝鮮をダメにする凶相」

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP