주요 기사 바로가기

「韓国、今年の実質GDP初めて1000兆ウォン突破」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.08.02 10:10
0
 今年の韓国の実質国内総生産(GDP)が初めて1000兆ウォン(約76兆円)を超える見込みだ。1995年に539兆ウォンだった実質GDPが15年間で2倍になるということだ。実質GDPは物価上昇分を除いて経済規模がどれほど変化したかを示す。

金在天(キム・ジェチョン)韓国銀行(韓銀)副総裁補は1日、「7-9月期の成長が予想通りなら、今年の成長率は6%を超える可能性が高い」とし「15年前はものを一つしか生産できなかった韓国経済が、今では2つを生産できる規模になるということだ」と説明した。

今年6%成長すれば、昨年980兆ウォンだった韓国の実質GDPは1039兆ウォンに増える。韓銀が今年6%の成長が可能だと見る根拠は7-9月期の成長率が予想を超えたためだ。韓銀の当初の予測値は6.7%だったが、先月末発表した速報値は7.2%だった。1-3月期の成長率発表数値も当初は7.8%と発表(速報値)したが、暫定値で8.1%に高めた。

韓銀は成長率を予測値-速報値-暫定値-確定値の順で発表する。一般的に景気が上昇局面にある場合、後に発表した数値がより高くなる傾向がある、というのが韓銀の説明だ。現在、景気が上昇中であるため、今年は6%の成長も可能ということだ。

LG経済研究院も「上半期の輸出景気好調が稼働率の上昇と生産増加につながり、投資に反映された」とし「今年は6%の成長が可能」と明らかにした。
【今日のイチオシ記事】
・北朝鮮から流てきた‘木箱地雷’が爆発 2人死傷
・韓国人職員が中国人労働者を暴行
・サッカー初の世界3位、彼女たちがつかんだ…U-20W杯
・中国、日本を抜いてGDP世界2位
・安東河回村、慶州良洞村がユネスコ世界遺産に


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP