주요 기사 바로가기

【社説】国会議員の「セクハラ発言」を慨嘆する

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.07.21 16:33
0
ハンナラ党康容碩(カン・ヨンソク)議員の「セクハラ発言」が物議をもたらしている。国会議長杯全国大学生討論大会の食事の席で女性と特定職業を卑下じる発言をして同席した女子大生たちが性的羞恥心と侮辱感を感じたというのだ。報道された内容を見れば果たして国会議員の口から出た言葉なのか信じられないほどだ。

康議員は討論大会について「審査委員たちは内容など聞かない。参加者の顔を見ている」とし「(パネリストは)醜い子2人、きれいな子1人の構成が最高だ」と言ったという。「女は実力より顔」という、はっきりと性差別的な発言だ。アナウンサーを志望する女子大生には「すべてをあげなければならないのにそれでもできるのか」と問ったという。同席した女子大生は「特定職業人が性接待をしていると聞こえた。羞恥心と侮辱感を感じた」と言った。発言が「きれいな女性だけ好きな、まったく同じ男」と大統領まで言及する部分はなおいただけない。昨年、青瓦台を訪問したことがある女子大生に「大統領がお前だけ見ていた。横に奥様さえいなければ携帯電話番号でも聞いただろうに」と言ったというのだ。果たして一国の国会議員なのか。その上に康議員は男尊女卑思想の残滓が残っている高齢世代でもなく、米国ハーバード大学から法学修士まで取得した40代の「若い血」だ。

ハンナラ党は昨日、中央倫理委員会を開いて康容碩議員を除名することに決めた。康議員はセクハラ発言をしたことがないと党倫理委員会に再審請求をすると明らかにしたが、当事者である女子大生の言葉は違う。中央倫理委員会のチュ・ソンヨン副委員長も昨日、懲戒決定を発表し「康議員の意見は倫理委員会委員たちを説得させるのに不足だった」と言った。それに康議員は2005年「ハンナラコラム」に「セクシーな朴槿恵(パク・クンヘ)」という文を書いて、口舌に巻き込まれた前歴がある。「ぜい肉一つなくすらっとした体に子どものいない処女」とし「多くの所帯持ちの男が朴槿恵の完璧なアーチ模様の腰に感歎を禁じえなかった」と書いた。今回のセクハラ発言と一脈相通ずる点が見えたとしたら、いきすぎた牽強付会か。

 
政治家の「言葉」は重い。影響力が大きいほど責任も重大だ。私的な集まりや酒席だったとして言葉に対する責任が減らされるのではない。米国で上院院内総務がパーティーの席上で軽く交わした話のため不名誉の退陣をしたりした。2002年当時、共和党のトレント・ロット上院議員はストロム・サーモンド議員の100歳の誕生日兼引退パーティーで「サーモンドが大統領になったなら米国はもっとよくなっただろう」と言った。サーモンドが1948年大統領選挙候補だったことを思い起こす話だった。ところでサーモンドの遊説キャッチフレーズの中の1つが「黒白分離」だった。彼は私的な席で、別に意味なしに言った言葉だと強弁したが、結局辞退してしまった。

今回の事態の全貌はこれからもっと徹底的に、明白に糾明する必要がある。前にもセクハラ発言波紋に巻き込まれたことがあるハンナラ党をはじめ、政界全体は今回の仕事を長く反面教師にしなければならないだろう。




【今日のイチオシ記事】
・金賢姫、日本訪問の対価は3000万円?
・康容碩議員「子どものいない処女 朴槿恵はセクシー」
・二次電池市場、日本を抜いて韓国が1位浮上か
・「ブランド品フレンドリー、韓国が最高」
・iPad、9カ国で追加発売…韓国は除外

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP