주요 기사 바로가기

クォン・サンウ「砲火の中に」ボックスオフィス2位

ⓒ JES/中央日報日本語版2010.06.28 14:20
0



映画「砲火の中に」が出演俳優クォン・サンウの当て逃げ事件にもかかわらず公開12日目で184万観客を突破した。

映画振興委員会映画館入場券統合ネットワーク集計によれば16日に公開した映画「砲火の中に」は週末の25日から3日間38万9462人観客を動員した。日曜日(27日)1日で16万9223人を動員し、公開2週目でボックスオフィス2位をキープするなど人気を享受している。週末ボックスオフィス1位はトム・クルーズ、キャメロン・ディアス主演の「ナイト&デイ」(累積観客58万6131人)だった。

クォン・サンウ事件は現在、ソウル江南警察署で当て逃げではない「事故後未措置」と事件を終結し、検察で罰金刑などが下るのをを待っている状態だ。
【今日のイチオシ記事】
・千里眼は打ち上げ成功…羅老号はなぜ失敗?
・オバマ「韓米FTA、来年初め議会に提出」
・憂鬱なトヨタ…米国でまたレクサスをリコール
・菅首相就任後、初の韓日首脳会談
・韓米首脳「戦作権転換、2015年12月に延期」合意


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    クォン・サンウ「砲火の中に」ボックスオフィス2位

    2010.06.28 14:20
    뉴스 메뉴 보기
    クォン・サンウ
    TOP