주요 기사 바로가기

憂鬱なトヨタ…米国でまたレクサスをリコール

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.06.28 09:00
0
 日本のトヨタ自動車がまた高級モデルのレクサスをリコールする。トヨタは25日、追突時に燃料が漏れる可能性があるとして、レクサス高級型ハイブリッド車1万7000台をリコールすると明らかにした。

今回のリコールは米高速道路交通安全局(NHTSA)の車両試験がきっかけになった。試験の結果、2010年型レクサスHS250hで燃料漏出問題が見つかった。

一方、トヨタの豊田章男社長はボーナスを全く受けられないことが明らかになった。トヨタが25日に公開した役員報酬内訳では豊田社長の年俸だけが抜けていた。年俸が1億円を超えなければ公開対象から除かれるという規定に基づく。豊田社長は基本給の30%を会社に返納し、ボーナスも受けられなかったと、毎日新聞は伝えた。
【今日のイチオシ記事】
・<W杯>「FKが韓日を16強に導いた」…日本メディアが熱狂
・<W杯>ポルトガルのチアゴ「北朝鮮の選手、帰国後はどうなるのか…」
・クォン・サンウ「物議かもして反省」
・「中国、韓国に機密漏洩した疑いで中国共産党幹部を処刑」
・中国、「6・25は北朝鮮の南侵」初めて認めた


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP