주요 기사 바로가기

ファッション音痴が悩み? デパートに「コーディネートバー」登場

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.05.27 17:57
0
「茶色の靴を履きたいけど、合う服があるかな…」(30代の会社員)

「OOブランドから出たスリムな綿のパンツがよく合うはずです」(コーディネイター)

デパートに‘ファッション音痴’の会社員男性のための「コーディネートバー」が登場した。ロッテ百貨店がソウル小公洞(ソゴンドン)本店5階の紳士服売り場に「クールビズかっこよく着る方法」空間を用意したのだ。

47平方メートル(約15坪)規模のコーディネートバーには専門コーディネイターが常駐している。 顧客が望むスタイルと価格帯を考慮してブランドとアイテムを推薦してくれる。 売り場まで同行してアドバイスもしてくれる。

このデパートは27日から1カ月間、「コーディネートバー」を運営し、反応が良ければ延長運営する計画だ。 このサービスを企画したチン・スヨン男性衣類担当MD(商品企画者)は「昨年はクールビズ関連の売上高が前年比で44%増えたが、スーツに比べて着こなすのが難しいという会社員が多いため、このサービスを準備した」と述べた。
【今日のイチオシ記事】
・開城工団閉鎖手順?政府関係者を追放
・米国務長官「北の指導者に責任を問う」
・元調査委員「北魚雷の‘1番’ 韓国側が書いたようだ」主張
・キム・ヨナ、テレビ出演で涙
・【社説】北は武力自制する南をこれ以上刺激するな


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP