주요 기사 바로가기

「クォン・サンウ、TOPが主人公の1人と聞いて出演ためらった」

ⓒ JES/中央日報日本語版2010.05.12 16:04
0



俳優クォン・サンウが映画「砲火の中に」でビッグバンのTOPが主人公と事実に「ラッパーではないか」と出演をためらったということだ。

「砲火の中に」制作会社テウォンエンターテイメントのある関係者は11日「クォン・サンウに学徒兵カプチョ役を提案したとき、TOPも4人の主人公の1人と言うと『TOP?ラッパーではないの?』といぶかしがった」と話した。

「クォン・サンウが熱演したカプチョはTOPよりそれほど際立つ配役とはいえなかった。しかし作品を信じてクォン・サンウが熟考の末、キャスティング提案を受け入れた」とし「一番渉外が容易だった俳優がキム・スンウだ。シナリオを渡すと読まずに『出演する。出演料もそちらで決めてくれ』と信頼をもとに出演を決めた」とキャスティング秘話を伝えた。

「砲火の中に」はTOP、クォン・サンウ、キム・スンウ、チャ・スンウォンら4人の男優が共同主演した作品で、韓国戦争に参戦した71人の学徒兵の話を描いた。6月17日公開。


【今日のイチオシ記事】
・ヨルダン原発、条件合わず事実上放棄
・北朝鮮「W杯取材費もくれ」…韓国に要求
・200メートル以内を自律運航する無人潜水艇を開発
・スバルの国内1号車は都心型SUV「フォレスター」
・ピ「シン・ミナ、最も記憶に残る最高のキスシーンの相手」


最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「クォン・サンウ、TOPが主人公の1人と聞いて出演ためらった」

    2010.05.12 16:04
    뉴스 메뉴 보기
    TOP