주요 기사 바로가기

【グローバルアイ】日本の「マッコリブーム」を継続するには(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.04.13 16:39
0
 日本人の国産酒に対する愛着は焼酎でも同じだ。 日本の焼酎は蒸留酒であるため、甘蔗・麦・蕎麦・玉ねぎなど材料の香りが豊かだ。 森伊蔵、魔王、村尾の「3M」と呼ばれるブランドは、小売価格が1瓶3万-4万円もする。 酒が補薬より高い。 地域ごとに特有の名品ブランドパワーを育成しているためこのようにもてなされる。

一方、韓国は端境期を過ごす時期、ぜいたくだといってコメマッコリの製造を禁止した。 酒税確保のため密造も厳格に取り締まった。 そして韓国でマッコリは忘れられた酒になった。 その間、日本は伝統酒を育成し、清酒を日本の酒の代名詞にした。 最近の日本のマッコリブームで、私たちは何をしたのか情けなく思うことがある。

韓国の酒類会社は一歩遅れて日本のマッコリ市場に参入している。 裵商冕酒家(ベサンミョンジュガ)と真露(ジンロ)ジャパンはすでに市販し、ロッテ酒類ジャパンも6月から合流する。 何でも自国のものにするのが得意な日本人はすでにマッコリ現地生産を考えている。 キムチも大変な人気だが、9割はすでに現地化された。 マッコリはこうした前轍を踏まないように努めよう。 すぐには難しいだろうが、日本に高値で輸出される名品マッコリの登場も期待したい。

金東鎬(キム・ドンホ)東京特派員 【グローバルアイ】日本の「マッコリブーム」を継続するには(1)

【今日のイチオシ記事】
・「天安」艦尾の上部構造物まで破壊…強力な外部衝撃の反証
・ 「北の西海艦隊、2月に大青海戦復讐を決議…金正日が指示」
・ NHN、日本検索ポータルLDHのライブドア買ﮎ
・ 対策のないグーグルアース…第2艦隊司令部の姿が露出
・ <フィギュア>キム・ヨナ、世界ランキング1位守る


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP