주요 기사 바로가기

韓国から届いた電子メールがグーグル自動翻訳の転換点に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.03.11 15:28
0
 グーグル創業者のセルゲイ・ブリン氏は2004年、韓国のグーグルファンから電子メール1通を受けた。 「グーグルは素晴らしい検索エンジン」というハングルのメッセージだった。 ブリン氏はこれをグーグルの自動翻訳機に入力した。 しかし出てきた翻訳結果にため息が出た。 「生魚靴欲しい。 グーグルねぎ!」(The sliced raw fish shoes it wishes. Google green onion thing!)というでたらめな文だった。 ブリン氏はすぐに会議を開いた。 ニューヨークタイムズ(NYT)は9日(現地時間)、世界市場を席巻したグーグル翻訳システムが誕生した契機はまさにこの瞬間だった、と報じた。

コンピューター自動翻訳はこの数十年間、多くの業者が挑戦したが、満足できるほどの成果を出せなかった。 初期翻訳プログラムは、翻訳したい二つの言語の文法をコンピューターに入力し、各単語を解釈する機械翻訳だった。 これは文脈を正しく反映できなかった。 しかし1990年代半ば以降、自動翻訳方式は統計的な類推に変化する。 原文をプログラムが保有する言語例文と対照し、コンピューターが文章の意味を確率的に推測するようになったのだ。

グーグルの強みはここで発揮された。 グーグルは創立当時から世界の図書館資料など莫大な量の知識情報データを確保してきた。 グーグルは自ら構築した莫大なテキスト資料に優れた検索技術を接続し、自動翻訳で大きな成果を上げた。 現在52カ国語をサービスするグーグルの無料翻訳システムは、1週間の使用回数が数億回にのぼる。 グーグルは最近、イメージと翻訳システムを連係、携帯電話カメラで撮影した外国語を即時に翻訳するサービスも提供する予定だ。 NYTは「翻訳はグーグルに大きな利益をもたらすわけではないが、ネットユーザーを引き込む効果があり、これを狙っている」と分析した。

NYTは「グーグルの翻訳はまだ人間の作業レベルには届かない」としながらも「核心部分の意味は伝わる」と評価した。 米メリーランド大学のレスニック教授は「グーグルのプログラムを使えば大体の意味は分かる」と評価した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP