주요 기사 바로가기

ベンツ、中国1位自動車企業と電気車で提携

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.03.04 18:04
0
 ラグジュアリー自動車の名家である独メルセデスベンツが中国1位自動車企業の比亜迪(BYD)と提携し、新しい電気自動車モデルを中国市場に出す。 中国の有力新聞「新京報」によると、ベンツのディーター・ツェッチェ会長は2日(現地時間)、独シュツットガルトで王伝福BYD会長と会い、こうした内容の提携協力了解覚書に署名した。

両社はベンツの基本車体構造を基礎とするものの、新しい外観の電気車を共同開発することにした。 新しく開発される電気車ブランドの所有権は両社が共有する。 それだけ中国BYDの地位が高まったということだ。 BYDの関係者は「合弁会社の設立と新製品の発表時期は両社の協力事業推進経過を見守りながら決定される」と明らかにした。 新しく開発される電気車はひとまず中国国内販売を1次目的としている。

ジュネーブモーターショーに出席中のツェッチェ会長は「ベンツの電気自動車製造技術とBYDのバッテリー製造能力が調和することになった」と述べた。 95年にバッテリー会社を創業した王会長は03年に地方の自動車会社を買収、05年にF3モデルを出して急成長した。 王会長は昨年、個人財産が350億元(約4700億円)に増え、中国最高の富豪になった。
【今日のイチオシ記事】
・ 北朝鮮軍2-3人、亡命兵を捕まえるため境界線越える
・ 戦闘機墜落翌日に軍のヘリ墜落
・ チャン・ドンゴン-コ・ソヨン、5月2日に結婚
・ キム・ヨナは捨てて得た、浅田真央はつかまえて逃した
・ 輸出車には基本の安全装置、国内車にはない?

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP