주요 기사 바로가기

「韓国金融界の国際化は遠い…外国人役員獲得に力入れるべき」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.01.13 09:47
0
「絶対に外国に事務所を置かなければ取引ができないわけではない。国内で組織を作り日本の年金ファンドのような海外の大型プロジェクトを受注しながら評判を積み上げていくほうがより成果がある」

これとともに国内本社に外国人役員を迎え入れ、全般的な手続きを国際化する努力を傾ければ外国で高い費用を払わなくてもグローバル化に一歩近づけると指摘した。

BNPパリバは進出国により単独進出、現地企業の買収、合弁会社設立など多様な戦略を駆使すると紹介した。インドや中国など新興市場や韓国などリテール中心の市場では現地企業と合弁投資し、香港やシンガポールのように文化的ギャップがない先進国市場では独自進出する方式で差別化した戦略を駆使する。オーディベル社長は「現地パートナーをしっかりと探せばブランドを広めるためにかかる時間と努力を減らすことができ、リテール市場でとても効果的だ」と述べた。

オーディベル社長は知韓派だ。金融業界で35年の生活のうち8年を韓国で勤務した。フランスの金融グループBNPパリバは1860年に中国に事務所を開設して海外に進出し、現在は70カ国に進出している。昨年9月末現在で3590億ユーロの資産を運用している。


「韓国金融界の国際化は遠い…外国人役員獲得に力入れるべき」(1)


【今日のイチオシ記事】
・ 日本政府、外国人参政権法案提出へ
・ <フィギュア>キム・ヨナ「油断はない」…最後の体力トレーニング
・ 米国「北朝鮮、6カ国協議復帰-非核化が先」
・ 「韓国金融界の国際化は遠い」
・ 黒田氏、今度は「ビビンパ・テロ」とコラム掲載
・ 三星の「オムニア2」、iPhoneに追いついた

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP