주요 기사 바로가기

シャープ在韓米軍司令官「在韓米軍、全世界に配置すべき」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2009.12.16 09:01
0
ウォルター・シャープ在韓米軍司令官が在韓米軍一部の海外紛争地域への配置の可能性を強く示唆した。シャープ司令官は14日(現地時間)、ワシントンDCの国際戦略問題研究所(CSIS)主催で行われたセミナーに参加し「在韓米軍が未来によりもっとほかの紛争地域に介入し、全世界に配置できるようにする必要がある」と述べた。

続いて「我々はまだ(在韓米軍の)紛争地域介入と世界的配置が今日すぐできるほど準備はできていない」とし「しかし韓米両国間協議を通じて、今後、全世界のほかの所に、米国独自でも、一緒にでも配置されなければならない」と述べた。

シャープ司令官はまた「在韓米軍の一部が、違う地域に配置されると言っても完全に抜けて韓国に再び戻らないのではない」とし「海外に配置される在韓米軍の家族たちは韓国にそのまま残っており、軍人たちも任務が終わればまた韓国に戻ってくる」と説明した。続いて「我々の最大の責任は、韓国を防衛することだという点を忘れていない」と付け加えた。該当の地域任務が完了する場合、また韓国に復帰するという説明だが、これも在韓米軍兵力の完全な削減ではないとしても、一定期間、兵力の縮小が避けられないことを物語る。

彼の発言はオバマ政府がアフガニスタン戦争の新戦略を発表した直後であることから、注目される。


【今日のイチオシ記事】
・ 日本、中国には温かく、米国には冷たく
・ シャープ在韓米軍司令官「在韓米軍、全世界に配置すべき」
・ 鳩山幸さん「韓国料理はどれも好きです」
・ アユミ、「ICONIQ」の名でアジアデビューへ
・ ドラマ「アイリス」撮影現場で深夜に暴行事件
・ 「ヒディンク監督、北朝鮮代表監督の提案拒否」


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP