주요 기사 바로가기

“男性→女性”性別訂正しやすく

2009.08.19 08:13
0
最高裁判所は男性で女性に性別を訂正できる許可基準として兵役義務関連条項を削除したと18日、明らかにした。

最近導入した新しい家族関係登録例規の性別訂正許可基準に「男性から女性への性転換の場合には兵役義務を履行したか免除を受けなければならない」という条項を削除したのだ。裁判所行政処キム・ヒョンボ司法登記審議官(判事)は「兵役を忌避しようと性別訂正申請をする事例もなく、立証も不可能なことから不必要な基準だと見たもの」と述べた。

最高裁判所はまた、性別を訂正した際、家族関係登録簿に「性別を訂正(転換)」と表示したが、これからは「転換」という単語を抜き「性別を訂正」とだけ書くことにした。金判事は「当事者の性転換事実が露出するという指摘を反映させた」と説明した。

2006年以後3年間、家族関係登録簿上性別を変えた人は計54人でこのうち48人が男性から女性に、6人が女性から男性に性別を変えた。
【今日のイチオシ記事】
・ 「羅老」打ち上げ準備は完璧…カウントダウン午後5時予想
・ 【金大中元大統領逝去】日本の指導者らが中央日報に送った追悼文
・ 韓半島はいま、クラゲと戦争中
・ 下着姿で接客サービス、売買春斡旋業者を摘発
・ <野球>阪神獲得説の李宅根、思いがけず秋山成勲と比較?
・ 「食べるとやせるご飯」登場するか


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP