주요 기사 바로가기

【噴水台】性別

2009.02.06 13:32
0



ケニアのムコゴド部族は子どもが病気にかかったとき、息子よりは娘を世話することに、より気を使う。おかげで4歳になるまで女児たちは男児たちより多く生き残る。息子はムコゴドの貧しさを受け継ぐが、娘たちは裕福なサムブル、マサイの男性たちの家に嫁ぎ、よりよく暮らすことができるという考え方があるからだ。

しかし東西古今を通じて大部分の社会では息子を好んできた。ギリシアの哲学者アリストテレスも「息子を生みたかったら、ベッドを南北方向に置きなさい」と勧めたくらいだ。アナクサゴラスはセックスをするとき、男が右に横になれば息子を生むと信じた。後日、フランスの貴族たちは息子を得るために左の睾丸まで切った(マット・リドレー『赤の女王』)

胎児の性別は卵子に先に到達した精子がY染色体を伝達すれば男児、X染色体を伝達すれば女児になる。しかし一部の学者たちはある条件では卵子がXやY染色体を持った精子のうちどちらか一方を選択して受け入れることもあると主張する。女児と男児の割合が一般的に100対105だが、ある時期、男児の方がはるかに高くなるのもこのためだというのだ。

そのためか、どんなとき息子が生まれるかに対する研究はこのごろも続いている。2005年、イギリスのロンドン経済大学院の学者たちは会計士、技術者、数学者、物理学者は男児を、看護、教育など人の面倒を見る職種で働く人は女児を生む割合がそれぞれ高いという研究結果を出したことがある。妊娠当時、親が一緒に生活していたカップルの51.5%が息子を生み、離れて暮らしたカップルは 49.9%が息子を生んだという分析結果もある。ニュージーランド研究チームは大人しくて消極的な女性に比べて活発な女性たちが息子を生む確率が高いと主張した。

ところが先進国では過去40年間、男児の出産率が着々と減っている。環境汚染を含めた各種ストレスがY染色体を持った精子の活動性を落とすとか、お母さんおなかの中の男児生存率を減少させるという説明だ。実際に2007年、米国ニューヨークのコロンビア大学の研究チームは、シングルマザーが出産する際、男児の死亡率が女児より高かったと報告した。

最近、保健福祉家族部は来年から28週が過ぎた胎児の性別を医師が親と家族に告知することができるよう、年末までに医療法を改正する計画だと明らかにした。親の知る権利を満たすことも良いが、不法堕胎に対する懸念もある。25年ぶりにようやく正常な出生の性比を取り戻した韓国社会が、過去に帰らないようにする備えも必要だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【噴水台】性別

    2009.02.06 13:32
    뉴스 메뉴 보기
    TOP