주요 기사 바로가기

性売買・家庭内暴力専門の取り締まりチームが稼働

2009.06.11 08:22
0
性売買や家庭内暴力の取り締まりに専従する組織が誕生した。女性部は10日、女性暴力防止中央点検団の活動を開始した。

点検団は女性部次官直属で運営される。法務部から派遣された検事と警察庁所属の警察官2人、自治体と女性部関連公務員7人の合わせて10人がチームを組む。

点検団の主な業務は性売買・性暴力・家庭内暴力など女性と関連した暴力事件の取り締まりだ。現在警察が同じ機能をしているが専従組織はなかった。こうした組織を作った理由は、増え続ける暴力事件と関連した政策を作るためだ。社会的影響が大きい女性暴力の現場に警察とともに出動して被害発生原因をチェックし制度改善策をまとめる予定だ。また被害者保護施設など主要現場の実態を調査し効果的な取り締まり策を設ける。

点検団は最近問題となっている新手の性売買業者を優先的に取り締まる方針だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP