주요 기사 바로가기

日本メディア「韓国人男性、白人女性を売春婦扱い」

2009.02.06 07:53
0
日本のインターネット上のニュースサイトが、韓国について「性犯罪が頻繁に発生しており、外国人女性へのセクハラが深刻だ」と伝えるなど、露骨に「嫌韓」感情を見せている。

海外のネタ、IT(情報技術)関連のネタを伝えるブログニュースサイト「ロケットニュース24」は4日「韓国の性差別!全裸のバーバリーマンに苦悩する女性たち」という見出しのコラムを掲載した。

このコラムは「韓国は外国人女性に対しての性的な差別が頻繁だ」として、韓国に滞在中、実際にセクハラの被害に遭ったという白人女性、ビアンカさんの事例を紹介した。韓国で国際交流の仕事をすることになり、ソウルで過ごすことになったというピアンカさんは同サイトとのインタビューで「韓国人は白人女性を見れば、ロシアからやってきた娼婦だと思う」とし「何度も(娼婦だと思われ)声をかけられた」と語った。ビアンカさんはまた「(高級ブランドのうち)バーバリーのコートを着た男がいちばんキモかったわ」と話したという。

コラムは「ピアンカさんをはじめ相当数の白人女性が、その手の韓国人男性にセクハラをされている」とし「(韓国に滞在中の)白人女性らもいわゆる‘バーバリーマン’の存在をよく知っている」と報じた。

ロケットニュース24は先月30日にも「東南アジアを旅行中に押し売りされそうになったら韓国人だと言おう」というなど、やや悪意の「嫌韓報道」をしたことがある。日本のアクセスプロバイダー「エキサイト」で、同コラムに接した日本のネットユーザーは「白人女性は韓国から逃げるべき」「韓国人は全世界から嫌われている」「韓国人男性はアジアの恥」「女性への接し方が最悪」などと露骨に嫌韓感情を表わした。

一方、「ロケットニュース24」のコラムと日本のネットユーザーの反応に接した韓国のネットユーザーは、日本の性的な倫理観を逆に指摘し、激しく非難した。同ニュースを訳し韓国内に紹介した、海外のネタ専門のサイト「チョンダチョムネット(jjunda.net)」で、ネットユーザーは「わいせつな映像を世界一たくさん作っている国から批判されたくはない」「日本は性犯罪が頻繁に発生しているのに申告しないから、クリーンに見えているだけ」などと批判した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP