주요 기사 바로가기

三星電子「文化マーケティング」フランスで成功

2008.10.30 11:03
0
三星(サムスン)は現在、フランスのPDPとLCD携帯電話など主要家電製品市場で1位を走る。三星がこだわりで有名なフランス市場で突風を起こしているのには、また別の背景がある。

昨年初め、同社はフランス国民の嗜好度調査をした。顧客たちの好きな分野をマーケティングポイントとする考えだった。ここで注目したのが料理とファッション、音楽、美術などだった。このときからいわゆる“文化マーケティング”を本格的に始めた。

フランスの飲食店ガイドブック・シャンペラと組み、料理が好きなフランス人の心の琴線に触れるマーケティングを始めた。昨年シャンペラとともに全国15中小都市を回る“三星-シャンペラ全国ツアー”を開催した。訪問先ごとに有名調理師と最高の飲食店を選定、授賞した。記念の夕食会には開催地の取引先と地域の有志たちを招待した。賞を受けた一級の調理師らは三星の電気オーブンで料理の腕をふるった。今年も先週から全国ツアーが始まっている。

来年にはフランス最高のシェフとして知られるアラン・デュカス氏とともにイベントを行う。アラン・デュカス氏が全国を回りながら“手軽に名品料理”講演を行い、そのスポンサーとなるのだ。世界のあちこちに最高級飲食店チェーンを置くアラン・デュカス氏が三星のプレミアムブランドイメージアップに一役買ってくれるものと期待している。

ファッション部門も攻略した。先月パリのオートクチュールファッション週間にはファッションブランドポルカとともにマーケティングを行った。三星はフランスの有名女優とモデル23人に三星ビデオカメラを配り、自分を写してもらうように頼み、これを有名ブランドの店舗が並ぶサントノーレのポルカ売場で1日中三星モニターを通じて放送した。トップ俳優たちが三星製品を使うという点と三星ブランドがフランスの有名ブランドとよく合うイメージを強調する戦略だった。

昨年ローンチした「ミュージックフォン」を購入する顧客にはフランストップ歌手であるクリストフ・マエの歌が内蔵されたメモリーカードを与えている。今夏の休暇シーズンには「セーヌ川ロックコンサート」など野外コンサート場にもブースを用意し、若者らに音楽ダウンロードサービスをした。この外にオルセー美術館には年末から三星電子が後援する韓国語案内パンフレットが備えられ、年間600万人が訪れるポンピドゥー・センター内にも三星LCD PDPテレビが設置される。今年初めにはエリーゼ宮にもゲストルームと大会議室などに三星テレビが設置されている。

三星電子フランス法人のキム・ソクピル常務は「密着して行ったフランス文化マーケティングの結実が1年たって現われたもの」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP