<W杯>朴主永・白智勲・金珍圭、W杯最優秀新人候補に

<W杯>朴主永・白智勲・金珍圭、W杯最優秀新人候補に

2006年05月19日14時58分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ‘アドフォカート号’の朴主永(パク・ジュヨン)、白智勲(ベク・ジフン、以上ソウル)、金珍圭(キム・ジンギュ、磐田)が2006ドイツワールドカップ(W杯)サッカーの最優秀新人候補に挙がった。

  国際サッカー連盟(FIFA)は18日(以下、現地時間)、今回のドイツW杯に出場する24カ国の21歳以下の選手のうち、21チームの40人を候補に選定、大会期間中のインターネット(www.fifaworldcup.com)ファン投票などを通じて第1回受賞者を決定する、と発表した。

  ジレットが後援する最優秀新人(Gillette Best Young Player Award)は今回、新設された。

  朴主永らと競合する選手は、アルゼンチンのリオネル・メッシ、ポルトガルのクリスティアーノ・ロナウド、主催国ドイツのルーカス・ポドルスキなど。

  国別には新人選手が多数布陣するスイスがバロン・ベラミら6人で最も多く、韓国、ウクライナ、イングランドが3人ずつ、アルゼンチン、エクアドル、ドイツ、ガーナ、メキシコ、オランダ、スペイン、トーゴが2人ずつだった。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事