中国製の偽物防ぐ秘密兵器とは?(1)

中国製の偽物防ぐ秘密兵器とは?(1)

2017年06月09日09時38分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
造幣公社が作った正官庄の正規商品認証包装紙。貨幣を作る時に使う偽・変造防止技術が適用されている。包装紙に隠された「KOREAN RED GINSENG」、「正官庄」、「高麗参」等の透かしを確認して正規商品か確認することができる。複写すると「COPY」という文字が印刷される。(写真=韓国造幣公社)
  #ツメ切りで有名な企業スリーセブン。現在90カ国余りに製品を輸出しているが、2003年に中国進出のために現地に工場を建てた際には大変な苦労を経験した。進出2年で売り上げが急減した。中国で作った「偽物」製品のためだ。何年かの間、取り締まりなど様々な努力をしたが問題は解決されなかった。時間が経つほど20年以上積み重ねたブランド価値まで脅威を受けた。

  そのような中、2010年6月にコイン製造に使われる偽・変造防止技術を使ってみようという提案を受けた。忠清南道(チュンチョンナムド)と韓国産業通商資源部の共同支援機関である忠南テクノパークの紹介であった。製品に模様を刻印し、見る角度によって「777」や「太極模様」が見えるいわゆる「潜像技術」を導入した。2010年12月に韓国造幣公社と契約を結び生産を始めると、まもなくして売り上げが例年水準に回復した。スリーセブンのイ・ギュヒョンIP(知的財産権)本部長は「銅(硬貨)に使った技術を強化鉄板が材料であるツメ切りに適用するのに時間が少しかかった」とし、「多くの業者が模様をコピーしようとしているが7年が過ぎた今までそっくりに複製する所は発見されていない」と話した。

  #韓国人参公社の「正官庄(チョングァンジャン)」は40カ国余りで売れるほど有名なだけに類似品も少なくない。特にアルミ容器に紅参を根元から入れる高価な「根参」製品の場合、同じような形の商品が登場して大きな被害を受けた。これを防止するために人参公社は毎年包装容器と包装紙を変えた。製品証明書に入る印鑑の模様も毎年変更した。

  一般の消費者は似たような形の「偽物」製品と区別できなかった。人参公社は昨年6月に造幣公社に正規商品認証用の特殊包装紙の生産を依頼し、最近生産契約を結んだ。今後正官庄の製品の包装紙は紙幣に使われるセキュリティー用紙を使う。通常の紙幣のように隠された模様(透かし)が印刷される。造幣公社セキュリティー製品事業団キム・サンホン次長は「消費者は包装紙に隠された『KOREAN RED GINSENG』、『正官庄』、『高麗蔘』等の透かし模様を確認して簡単に正官庄の正規商品かどうか確認できる」とし、「偽物企業等がこの包装紙をコピーして活用しようとした場合、複写本に「COPY」という文字が印刷される」と説明した。

  人参公社のイ・テククン課長は「既存の独自に行った正規商品の認証方法は会社関係者だけが分かっていた」として「特殊包装紙は一般の消費者も判読が可能なだけでなく、複製も難しいため遮断効果が大きいだろう」と話した。

  海外で人気の商品を作る有名輸出企業には大きな「悩みの種」がある。それが「偽物」製品だ。デザインをそのままコピーして韓国製品であるかのように販売する海外企業が少なくない。このような傾向は特に最大の輸出市場である中国で多くみられる。偽物製品は売り上げだけでなく既存製品の信頼度まで落ちる悪影響を及ぼす。これを防止しようと企業は模造品には真似できないように容器を頻繁に変えるなどの方法を使った。しかし、複製技術の展開が速く、対応無策になるのが常だ。

  悩みの末に出てきた解決法が紙幣やコイン製造に使われる偽・変造防止技術を製品または包装紙に適用しようというアイディアだ。偽・変造防止技術は韓国が世界的に先んじている。中国の偽物業者が追いつくことはできない。

  造幣公社と企業間の協業は利害関係が合致した結果だ。最近紙幣や硬貨の使用量は持続的に減っている。これによってお金を生産する造幣公社の伝統的な役割もどんどん狭まっている。

中国製の偽物防ぐ秘密兵器とは?(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • 造幣公社が作った正官庄の正規商品認証包装紙。貨幣を作る時に使う偽・変造防止技術が適用されている。包装紙に隠された「KOREAN RED GINSENG」、「正官庄」、「高麗参」等の透かしを確認して正規商品か確認することができる。複写すると「COPY」という文字が印刷される。(写真=韓国造幣公社)
  • 世界90カ国余りに輸出されるツメ切り製品スリーセブンには造幣公社が開発した潜像イメージ技術が適用された。(写真=韓国造幣公社)