金正恩氏、習近平氏と4回目の首脳会談後に盛大な誕生日晩餐

金正恩氏、習近平氏と4回目の首脳会談後に盛大な誕生日晩餐

2019年01月09日07時10分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長が自身の誕生日である8日に北京に到着し、習近平中国国家主席と4回目の首脳会談を行った。この日午後遅く人民大会堂で開かれた会談で両首脳は第2回米朝首脳会談の推進状況を共有し、これに備えた両国の協力を協議した。中朝関係に明るい複数の北京消息筋は今回の訪中が北朝鮮側の積極的な推進によって実現したものと伝えた。ある消息筋は「金正恩委員長の4回目の訪中は北朝鮮側の要請によって実現したもの」とし、「当初北朝鮮側から12月訪中への意向を中国に打診してきたが、経済工作会議など習近平主席の国内日程が忙しく、1月初めに越された」と説明した。

  北京の他の消息筋は「李英浩(リ・ヨンホ)北朝鮮外相が12月海外訪問の途中で当初訪問予定に決まっていなかった北京に立ち寄り、習主席に会った」として「これを契機に金委員長の4回目の訪中をめぐる議論が始まったと理解している」と話した。金委員長は米朝首脳会談に先立ち、中朝友好と結束を固めることで北朝鮮の位置づけを強化しようとする意図で4回目の訪中に出たと見られる。習主席も金委員長を再び北京に呼び、韓半島(朝鮮半島)問題に対する中国の発言権と影響力を国際社会に再確認する成果を上げた。

  匿名を求めた消息筋は北朝鮮が4回目の訪中に積極的に取り組んだ理由について、北朝鮮への制裁緩和と経済支援を訴えるのも主な目的だと伝えた。彼は「北朝鮮は対外的に発表されているものとは違い、非公式ルートを通じては内部の経済事情が制裁の長期化によって深刻な水準だと中国に伝えている」と話した。

  金委員長の北京到着日程を35回目の誕生日に選んだのは中朝友好の雰囲気を最大化しようとする外交的択一に読まれる。外交消息筋は「習主席の今回の招請は金委員長の誕生日を視野に入れたもの」としながら「盛大な晩餐で祝った」と明らかにした。今年は中朝修交70周年を迎える年でもある。

  習主席はこの日、金委員長一行が北京に来る中間通過地点である瀋陽に宋涛中国共産党対外連絡部長を送り金委員長を出迎えるように指示した。中朝官営メディアの公式発表によると、今回の訪中は7日から10日までとなっている。列車の移動にかかる時間を除けば、金委員長が実際に北京に留まる時間は8日と9日の二日になる見通しだ。9日には近隣港町である天津を訪問するだろうという観測が出ている。

  金委員長の4回目の訪中には李雪主(リ・ソルジュ)夫人、対南および外交政策責任者である金英哲(キム・ヨンチョル)統一戦線部長、李洙ヨン(イ・スヨン)最高人民会議外交委員会委員、李容浩(イ・ヨンホ)外相と朴泰成(パク・テソン)科学技術・教育担当副委員長、努光鉄(ノ・グァンチョル)人民武力相などが遂行した。金委員長の妹である金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長も同行した。

  金宜謙(キム・ウィギョム)青瓦台(チョンワデ、大統領府)報道官は「今回の朝中交流が韓半島の完全な非核化と恒久的な平和定着に寄与し、特に2回目の朝米首脳会談の土台になるよう願う」とし「南北・朝中・朝米間のそれぞれの交流が互いに好循環し、一つの発展がまた別の発展につながるよう願う」と歓迎した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事