日本防衛相「韓国と冷却期間必要…状況が整えば高官対話を摸索」

日本防衛相「韓国と冷却期間必要…状況が整えば高官対話を摸索」

2019年01月30日07時32分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  岩屋毅防衛相が29日、「韓国との軍事交流問題に冷却期が必要だ」という立場を明らかにした。

  岩屋防衛相はこの日午前の記者会見で、記者から韓日間における軍事交流縮小の可能性を聞かれると「日韓双方ともに世論の動向は踏まえなければいけない」と述べて冷却期の必要性に言及した。

  NHKの報道によると、岩屋防衛省は「実施可能な防衛交流は前向きに進め、接触や対話の機会を通じて韓国との信頼醸成を図りたい」とし「全体状況が整えば、ハイレベルでも機会が持てればよい」と述べた。

  これについてNHKは、岩屋防衛相が今後の関係改善のために韓国国防部の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)長官との会談も模索したい考えも示したと伝えた。

  あわせて岩屋防衛相は、規模縮小が検討されている韓米合同演習について「2回目の米朝首脳会談を控え、外交的な配慮も必要だろうが、即応性や抑止力に影響がない形をとってもらいたい」と指摘した。

  一方、韓国と日本は「レーダー威嚇飛行」をめぐり葛藤が続いている。長引く葛藤により韓国海軍は来月に予定されていた第1艦隊司令官の日本海上自衛隊基地訪問計画を取り消した。日本防衛省も海上自衛隊艦艇の今年4月の釜山(プサン)港入港計画を取り消す計画であることが伝えられた。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事