<アジア大会>韓国美女サッカー選手イ・ミナ、日本に敗戦も輝く

<アジア大会>韓国美女サッカー選手イ・ミナ、日本に敗戦も輝く

2018年08月29日07時57分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
イ・ミナがSNSに載せた自撮り写真(イ・ミナSNS)
  イ・ミナ(27、INAC神戸)が日本に惜敗した中でも輝きを放った。

  女子サッカー韓国代表(FIFAランキング15位)は28日、2018ジャカルタ・パレンバン・アジア競技大会の準決勝で日本(6位)に1-2で敗れた。2010年と2014年アジア競技大会で銅メダルを獲得した韓国は、史上初の決勝進出を狙っていた。しかし1-1の後半41分、イム・ソンジュのヘディングオウンゴールで屈した。

  それでもMFイ・ミナは光った。韓国は前半5分、守備ラインの後ろのスペースを狙われ、菅澤優衣香に先制ゴールを許した。0-1とリードされていた後半23分、左サイドからムン・ミラが上げたクロスにイ・ミナが頭で合わせ、同点ゴールを決めた。1-2とリードされた後半終盤にはペナルティーボックスで鮮やかなドリブルからのシュートを放った。しかし惜しくも相手の守備に阻まれた。

  イ・ミナは2015年東アジアカップ当時、韓国の準優勝に貢献し、「女子サッカーのシンデレラ」に浮上した。身長158センチの小さな体格でグラウンドを縦横無尽に走った。歌手ミナ、俳優コ・アラに似た美しい容貌まで注目され、「サッカーアイドル」と呼ばれた。

  イ・ミナは2013年6月、女子プロサッカー(WK)リーグオールスター戦でユニホームに自分の名前ではなく「キム・テヒ」を付けてプレーした。その後、イ・ミナは「自分は美しくないので、美しい女優の名前を付けてプレーをすれば注目されると思った。周囲からは『狂ったのか』とからかわれた。キム・テヒさんに申し訳ない」と告白した。

  イ・ミナがソーシャルメディアに時々公開する私服のファッションも話題だ。SNSのフォロワーは1000人から最近は10万人に増えた。ファンクラブ「ミナワールド」では男子中学生から40代の中年男性まで応援している。

  イ・ミナは昨年、中央日報のインタビューで「週に1回の休みの日にはスカートを履く。グラウンドの外では女性らしく見られたい」と話した。その一方で「容貌よりサッカーの実力で認められたい」と語った。

  イ・ミナはこの日の日本戦で中国武侠映画に登場する拳法少女のようにグラウンドを駆け回った。豊富な運動量とゲームメーク、シュートも目を引いた。この日の試合中、ポータルサイトのリアルタイム検索語1位はイ・ミナだった。しかしイ・ミナは試合後、チームが敗れてうな垂れた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事