「駐スペイン北朝鮮大使館侵入事件の黒幕は千里馬民間防衛」

「駐スペイン北朝鮮大使館侵入事件の黒幕は千里馬民間防衛」

2019年03月19日09時51分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  先月22日に発生した駐スペイン北朝鮮大使館暴漢侵入事件の背後に北朝鮮体制反対団体「千里馬(チョルリマ)民間防衛」がいるものと見られると米日刊紙ワシントンポストが16日(現地時間)報じた。暴漢は第2回米朝首脳会談の5日前の先月22日、北朝鮮大使館公館職員を拘束しコンピュータや携帯電話などを強奪した。事件はハノイ米朝首脳会談が開かれた先月27日、スペインのインターネット新聞で初めて報じられ、同公館が米朝交渉で実務を担当した金赫哲(キム・ヒョクチョル)対米特別代表が2017年9月まで大使として在任していた場所ということから注目を浴びた。

  ワシントンポスト紙は「この作戦の計画と実行をよく知る人々がその背後に北朝鮮金氏王朝を覆すための秘密組織『千里馬民間防衛』があると話した」と報じた。千里馬民間防衛は2017年に金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏がマレーシア・クアラルンプール国際空港でVX神経作用剤による攻撃で殺害された後、彼の息子キム・ハンソル氏と家族を安全国家に逃避させたと主張した団体だ。1日から「自由朝鮮」に名前を変え、11日に発生した駐マレーシア北朝鮮大使館の塀の落書きも自分たちが行ったものだと主張している。

  スペイン日刊紙エル・パイスは13日付の記事でスペイン国家情報局(CNI)などの消息筋を引用し「侵入者10人中、最低2人の身元が監視カメラの分析で確認され、彼らが米中央情報局(CIA)と関連している」と報じた。しかし、消息筋は「米情報機関は敏感な時期にこのようなことを行うのは避けただろうし、千里馬民間防衛が特定政府と協力して事件を起こすことはなかった」と話したとワシントンポストは伝えた。

  千里馬民間防衛は17日、ホームページに「すべてのメディア関係者へ」という文章を掲示し、「我々の団体構成員の正体を把握することになっても身元に関する秘密を守ってほしい」と要請した。同団体は「キム・ハンソルと彼の家族が生命を脅かされる状況で彼らの隠れ場所に関する推測も危険だった」とし、「我々が相手にする政権がどれほど無慈悲なのか絶対に忘れるな」と強調した。

  また、同日ホームページには「解放後、自由朝鮮を訪問するためのブロックチェーンビザ」の申請を受け付けるという文も掲載された。彼らは24日から20万枚の匿名ブロックチェーンビザを発行するとし、仮想貨幣「イーサリアム」で購入することを公示した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事