北朝鮮ミサイル・核責任者、組織指導部の二番手に

北朝鮮ミサイル・核責任者、組織指導部の二番手に

2019年02月19日11時56分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮メディアが16日、金正日(キム・ジョンイル)総書記(2011年死亡)の77回目の誕生日を機に金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が金日成(キム・イルソン)主席と金正日総書記の遺体が安置された錦繻山(クムスサン)太陽宮殿を参拝したと報じた。メディアは金委員長が組織指導部と宣伝煽動部の幹部を同行したと紹介した。北朝鮮は「崔竜海(チェ・ヨンヘ)、李万建(イ・マンゴン)、金与正(キム・ヨジョン)、李英植(イ・ヨンシク)同志が同行した」とし、彼らが金委員長の隣に立っている写真を公開した。

  写真には金委員長の隣に崔竜海組織指導部長が立ち、その隣に李万建氏が立った。李万建氏は金委員長執権後の2016年に軍需工場部長になり、北朝鮮の核とミサイル開発の責任を担った人物だ。北朝鮮軍の武器と軍需品の開発・調達を担当するのが軍需工場部だが、北朝鮮最高の力点「軍需工業」は核とミサイルだ。2016年と2017年は北朝鮮が3度の核実験と長距離弾道ミサイル(ICBM)開発に拍車を加えた時期で、金委員長が実験現場を訪れる時に李万建氏が影で随行した。しかし、その後李万建氏は逆に政治局委員から候補委員に職級が一段階降格され、関心が寄せられた。

  韓国政府当局者は19日、「李万建氏が軍需工場部長から組織指導部第1部部長に異動したことが把握された」とし、「政治局での職位が一段階降格したのは部長(軍需工場部)から第1部部長(組織指導部)になったためだ」と話した。また、「組織指導部は党の中の党と呼ばれるほど労働党のすべての業務を掌握する、他部署の上位組織」とし、「職責は下がったが、崔竜海部長に続く組織指導部のナンバー2として権限は大幅に強化されたものと見られる」と分析した。実際、総政治局長を務めてから組織指導部第1部部長に異動した黄炳瑞(ファン・ビョンソ)氏は姿を見せずにいるが、李万建氏は昨年10月の党創建記念の錦繻山(クムスサン)太陽宮殿参拝に参加するなど、むしろ歩幅を広げている。当局は昨年末に李万建氏が組織指導部第1部部長になったことを確認したという。

  参拝写真によると金委員長の隣にも新しい顔が登場した。この位置は今まで宣伝扇動部長の立つ場所だった。ところが、宣伝煽動部副部長だった李英植氏が立ち、その隣に金与正第1部部長が位置した。「当然」参加しなければならない人物、金己男(キム・ギナム)氏の姿は見えなかった。金己男氏は宣伝扇動部長を務めたが、2017年に朴光浩(パク・グァンホ)に部長職を譲った後、顧問を務めていた。その後昨年末に朴光浩部長が健康上の理由(脳出血と推定)で退いた後、その代わりを務めた。金己男氏はことし1月1日に錦繻山(クムスサン)太陽宮殿参拝の時に金委員長に随行し、先月の金委員長の中国訪問の時には平壌(ピョンヤン)駅で出迎えたことから現役に復帰したのではないかと推測されていた。しかし、今回金己男氏の代わりに李英植氏が現れ、世代交代を予告した。

  これについて太永浩(テ・ヨンホ)元在英北朝鮮公使は自身のブログで「李英植氏が宣伝扇動部長に昇進した可能性がある」と分析した。政府当局者は「北朝鮮がことし初めに労働党幹部の人事を断行したと把握している」とし、「宣伝扇動部長は依然として空席で、李英植氏は第1部部長になったと把握している」と耳打ちした。この当局者は「北朝鮮メディアは権力序列によって行事参席者の氏名を読み上げる」とし、「写真では李英植第1部部長の次に金正恩委員長の妹である金与正第1部部長が立っているが、呼称順は金与正第1部部長の方が先だった点を注意深く見ている」と付け加えた。北朝鮮が人事を行いながらも宣伝扇動部長の席を空席にしたのは金与正第1部部長を念頭に置いたのではないかということだ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事