韓経:老いていく韓国…生産可能人口10年来の「最低」

韓経:老いていく韓国…生産可能人口10年来の「最低」

2019年01月15日09時05分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  昨年の満15~64歳の生産可能人口が全人口で占める割合が2008年以降で最低値を記録した。14歳以下の幼少年人口も11年間で200万人近く急減した。これに対し高齢者人口の割合は毎年最大値を更新しており、経済活力低下への懸念が大きくなっている。

  行政安全部は14日、昨年末基準で韓国の住民登録人口が5182万6059人で前年同期に比べ0.1%の4万7515人増加したと発表した。生産可能人口は3754万7041人で全人口の72.4%だった。前年の3763万6473人・72.7%に比べ8万9432人・0.3ポイント減った。生産可能人口は2016年に3778万4417人でピークに達した後下落傾向にある。昨年の生産可能人口の割合72.4%は2008年の72.6%以降で最も低い数値だ。

  少子高齢化傾向が幼少年と高齢者人口の推移にそのまま現れた。昨年の65歳以上の高齢者人口は765万408人で前年の735万6106人より29万4302人増加した。全人口で占める割合は14.8%で前年(14.2%)に比べて0.6ポイント増えた。これに対し14歳以下の幼少年人口は662万8610人で前年より15万7355人減少した。2008年(851万8987人)と比較しては189万人余り急減した。同じ期間に全人口比の割合は17.2%から12.8%に4.4ポイント減った。

  年齢帯別分布は50代が861万5884人で16.6%と最も多く、40代が16.4%、30代が14.0%、20代が13.2%の順だった。男女比は2014年に初めて女性超過に逆転してから格差が毎年広がっている。昨年の女性人口は2595万9930人で男性の2586万6129人より9万3801人多かった。住民登録世帯数は2204万2947世帯で、世帯当たり人口は2.35人だ。これも11年来の最低水準だ。

  地域別に見ると、ソウル、釜山(プサン)、全羅北道(チョンラブクド)など11の広域市と道で人口が減少し、京畿道(キョンギド)、世宗(セジョン)など6市・道で人口が増えた。ソウルは9万1803人減少した。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事