「韓国と断交」日本右翼が嫌韓集会…強制徴用判決でまた「忖度」浮上

「韓国と断交」日本右翼が嫌韓集会…強制徴用判決でまた「忖度」浮上

2018年11月12日16時14分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国最高裁の強制徴用被害者に対する損害賠償命令判決(10月30日)を受け、日本右翼団体の嫌韓集会がまた登場している。さらに日本の放送局が次々と防弾少年団(BTS)の出演をキャンセルし、韓日間の葛藤が続いている。一部では政府の立場に合わせる、いわゆる「忖度」文化が作動し、日本世論が過敏反応しているという分析が出ている。

  ◆日本右翼団体、嫌韓集会を再開

  10日と11日の午後、東京駅や銀座など日本都心の繁華街では日本極右勢力が主催した嫌韓デモが開かれた。参加者は韓国最高裁の強制徴用被害者損害賠償命令判決に怒り、韓国との断交を主張した。参加者は日本軍国主義の象徴の旭日旗を団体で掲げながら「日韓基本条約を守らない韓国と断交しよう」「日本の未来の子どもたちのために韓国との関係を断とう」などと叫んだ。さらに強制徴用判決とは関係がない「竹島(独島の日本名)を返せ」というスローガンまで叫びながら露骨な主張を続けた。

  在日韓国大使館はホームページで「日本警察当局と緊密に協力し、右翼デモ隊の過激行為遮断のために努力している。韓国国民もデモ隊への接近を自制するなど身辺の安全に注意してほしい」と呼びかけた。日本右翼団体の嫌韓デモは日本政府が韓半島(朝鮮半島)和解ムードに続いて韓国に和解ジェスチャーを見せたことで影を潜めた。しかし最近の韓国最高裁の強制徴用関連判決をめぐり日本政府が連日、超強硬対応をする中、右翼団体の集会がまた増える雰囲気だ。

  ◆政府に合わせて立場を変える放送局と新日鉄住金

  「忖度」は大衆文化にも影響を及ぼしている。テレビ朝日は9日に予定されていた防弾少年団(BTS)の撮影を見送ると明らかにした。続いて10日にはBTSの年末テレビ番組への出演が全面取り消しになったという報道もあった。過去のBTSメンバーの衣装と発言を問題にして一方的な取り消しを通知している。メンバーのジミンは過去に広島原爆投下の写真と光復節(解放記念日)記念デザインが入った衣装を着たことがある。またBTSのRMは2013年、SNSで「歴史を忘れた民族に未来はない。休むのもよいが、殉国した独立闘士の方々に改めて感謝する日になればいい。大韓独立万歳」とコメントした。日本の一部の極右メディアはBTSが「反日活動をしている」と主張しているが、一部では日本メディアが日本政府に合わせて自ら立場を変えているという評価もある。

  過去に最高裁の判決を受け入れる方針を示唆した新日鉄住金も言葉を変えた。2012年6月、新日鉄住金の常務は株主総会で韓国最高裁の判決に関連し「いかなる場合も法律は守らなければいけない」と述べた。しかし判決当日には「日本政府の対応状況などに基づいて適切に対応する」とし、日本政府の指針に従う考えを示唆した。

  ◆「不快」vs「BTSを守る」

  一方、日本右翼団体の過激な主張が続くと、これに反対する声が高まり、日本の世論は賛否が分かれている。10日と11日の右翼団体の集会では、ヘイトスピーチ反対派が登場した。ヘイトスピーチ反対派は特定人種に対する嫌悪発言に反対する人たちで、この日「嫌韓」を叫ぶ日本右翼団体に対抗する集会を開いた。この過程で双方が都心で対立し、緊張感が漂ったりもした。BTSの一部のファンも日本放送局の一方的な出演取り消し通知に反対している。特に13、14日の東京ドーム公演を控え、BTSが10日に羽田空港に入国すると、日本国内の賛否論争がさらに激しくなった。一部のファンは「入国させてはいけない」「不快」という反応を、一方では「無事に到着してよかった」と歓迎のメッセージを送った。日本のファンは「#防弾少年団を守る」というハングルのハッシュタグ運動をしたりもした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事