米上院外交委員長「韓日、非核化のため葛藤の克服を」

米上院外交委員長「韓日、非核化のため葛藤の克服を」

2019年04月04日13時26分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  米上院外交委員会が韓日米3カ国の連携の重要性を再確認する決議案を可決した。

  米政府系放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、米上院外交委は3日(米現地時間)の全体会議で、韓日米3カ国間の連携と協力の重要性を再確認する上院決議案(S.Res.67)を通過させた。この決議案は本会議を通過すれば公式発効する。

  決議案は、北朝鮮問題の解決をはじめとするインド太平洋地域の安全と平和、安定のために3カ国が緊密に連携することがいつよりも重要だと強調した。

  上院外交委員長のリッシュ委員長はVOAの記者に「米韓日3カ国が朝鮮半島の非核化という共通の目標達成のために引き続き協力する必要があるというメッセージを続けるものだ」とし「(韓日間の)葛藤は以前から長く続いているが(両国は)主要目標であり最も重要な目標である非核化達成のために葛藤を克服しなければいけない」と強調した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事