주요 기사 바로가기

大韓航空、訓民正音で描いた‘モナリザ航空機’運航へ

2008.01.29 15:10
0



大韓航空は来月からソウル-パリ路線に、訓民正音(ハングル)の字体からなるモナリザの絵を飾った航空機を運航する。 大韓航空が後援している仏パリ・ルーブル博物館の韓国語案内サービス開始を広報するためだ。

大韓航空側は「訓民正音は韓国最高の文化遺産、モナリザはルーブル博物館の代表作品という意味を込めている」と説明した。

B747-400航空機の胴体の後方にモナリザの絵が描かれる。 9日間以上かかる今回の航空機装飾作業は、特殊フィルムと航空機専用ペンキを同時に使用する高難度の技術。

従来の広報用航空機の場合、特殊フィルムまたは航空機専用ペンキの一つを使用するが、今回は2種類とも使用するため作業も複雑になる。

大韓航空は今回の記念航空機を今後さらに3機ほど増やし、2010年までの3年間運航する計画という。





最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    大韓航空、訓民正音で描いた‘モナリザ航空機’運航へ

    2008.01.29 15:10
    뉴스 메뉴 보기
    TOP