주요 기사 바로가기

NTTドコモ、グーグルと連携へ

2007.12.26 04:59
0
携帯電話メール、検索サービス日本最大移動通信企業であるNTTドコモが、世界1位インターネット検索企業であるグーグル(Google)と提携する。

ドコモはグーグルの検索及びメール機能を移動通信サービスに活用し、グーグルはドコモとともに携帯電話分野サービスと広告事業を推進することにした。

日本経済新聞が12月25日付でこうした提携事実を報道した。グーグルは日本のインターネット検索市場でヤフーに続き2位を走っている。

同紙によるとドコモは来年春からグーグルの検索及びメール機能をドコモの携帯電話用インターネットサービスであるiモードに組み込むなどグーグルの技術を活用した新しいサービスを始めることにした。

ユーザーが携帯電話とパソコンが垣根を越えてサービスを共有できる環境を構築する方針だ。事実上、iモードのサービス網をグーグルに開放したことになる。これは自社インターネットサービスだけではKDDI、ソフトバンクモバイルなど追撃している競合他社を弾き出せないという判断による。

日本は現在、携帯電話加入者が1億人を超え、携帯電話でのインターネット利用者は2006年末の時点で約7000万人。最近は定額制で携帯電話インターネットを無制限で利用することができるサービスが登場し、携帯電話をパソコンのように使うユーザーが急増している。

ドコモとグーグルは、来春以降、iモードでグーグル検索、電子メールのGメール、日程管理サービスであるグーグルカレンダー、そして写真データ保存などができるようサービスを大幅に拡大する方針だ。また携帯電話利用者が道案内サービスを受けることができるよう、衛星位置確認システム(GPS)機能も取り入れることにしている。

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP