주요 기사 바로가기

中国「世界4大有名化粧品からも重金属」

2006.09.26 11:30
0
日本製SK=Ⅱ化粧品に続き世界4大有名化粧品であるクリスチャン・ディオール、エスティーローダ、クリニーク、ランコムから重金属物質であるクロムとネオジミウムが検出されたとし、中国内輸入化粧品市場にも影響が及んでいる。

中国経済日報など中国メディアは「香港の標準・鑑定センターが4大化粧品メーカー製品に対する調査結果、クロムとネオジミウムが検出された」と25日報道した。

調査結果によると4社6のコンパクトパウダー製品を調査した結果、クリスチャン・ディオールとエスティーローダ製品のクロム含有量は1キロあたりそれぞれ4.5ミリグラムと3.9ミリグラムでSK=Ⅱ(0.77~2.0ミリグラム)を大きく上回ったものと明らかになった。

またクリニークとランコムからはまた別の重金属物質であるネオジミウムが1キロあたり1.8ミリグラムと1.6ミリグラムずつ検出された。クロムの場合、過敏性皮膚炎と湿疹を誘発する危険性が高く、ネオジミウムは目や粘膜に刺激を与えて肺組織の血流を邪魔することもあると中国メディアは伝えた。

これに先立ち米国系プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)が日本で生産したSK=Ⅱ化粧品からも同じ物質が発見されて中国で電撃販売中止された状態だ。

中国国家質量監督検験検疫総局(質量総局)が14日SK=Ⅱファウンデーションとローション、クレンジングオイルなどからクロムとネオジミウムが検出されたと発表、SK=Ⅱ製品に対する大規模返品騒動が起こり、P&Gは22日、製品販売を電撃中断した。

このように外国有名化粧品から重金属成分が相次いで発見され、中国の中・高価化粧品市場を席巻しているロレアル、P&G、資生堂、Avonなど世界的メーカーが打撃を受けるものとみられる。

メディアはしかし「ヨーロッパ化粧品法例によればクロムとネオジミウム関連物質を化粧品原料として使うことはできない」とし「生産過程で仕方なくできた残量の場合、消費者に直接被害が及ばない範囲内では許容される」と紹介した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP