주요 기사 바로가기

「早く早く!」が欧州を魅了

2006.03.26 21:20
0
13日、フランス・パリ中心部にあるマドレーヌ寺院の地下に位置した大手家電チェーン店「DARTY」。 そこに入ると三星(サムスン)電子、LG電子の大型のプラズマディスプレイ(PDP TV)が目に入った。

そこで会ったブランジェー氏(32、会社員)は「LGの冷蔵庫を使っているが、故障申告から4日後に修理してくれた」とし「迅速なアフターサービスが気に入り、テレビも韓国製品を買おうとしている」と語った。

9日、ドイツ・ハノーバーで開催中のꊐ界最大のコンピューター展示会「CeBIT(セビット)」でも、韓国製品の人気は高かった。 三星電子の展示場を訪ねたコルブ氏(31、主婦)は「韓国メーカーは他社より早く新製品を発売する。家電のトレンドを見たくて訪ねた」と話した。 三星電子・LG電子が「早く早くサービス」を掲げて、欧州市場を魅了している。

◇顧客を感動させる訪問サービス=LG電子のフランス法人は昨年、名匠ロマン・ポランスキー監督から、大きな花束と1通の手紙を受けた。 手紙は「60インチのPDP TVが故障したが、LG電子が1日後のパネルをりかえてくれた」と感謝の気持ちを伝えている。

三星電子・LG電子は昨年、欧州全域を管理するコールセンターを設けた。 消費者がコールセンターに故障内容を申告すれば、近い地域にあるサービスセンターの職員が直接自宅を訪問する。

◇一足早い製品を発売=三星電子は最近、欧州市場で年に2回ずつ、デジタルテレビの新製品をお目見えしている。 同社のユン・ブグン常務は「元々春にのみ、新製品を発売したが、市場をリードするため発売回数を増やした」と伝えた。 それに刺激された日本のソニーも、今年から新製品を年に2回発売してꊂる。

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP