주요 기사 바로가기

ユジン「パク・ヨンハと決別」初めて告白

2004.08.25 16:19
0
セカンドアルバム「810303」でカムバックした歌手ユジン(23)が、初めてパク・ヨンハ(27)との「交際と決別」に触れた。02年、公営放送KBSテレビ(韓国放送公社)第2チャンネルの連続ドラマ『ラビング・ユー』で共演して以降、恋人仲とされていた2人は、これまで交際と決別についてのコメントを控えていた。

ユジンは24日、IS(日刊スポーツ)とのインタビューで「パク・ヨンハとは、昨年末、良い同僚として過ごすことにし別れた。いまも時々連絡を取っている。私が今月22日、民放SBSテレビ(ソウル放送)の番組『生番組・人気歌謡』を通じてセカンドアルバムの曲をお目見えした後『歌うのを見た、素敵になった』という励ましの電話ももらった。不仲でもないのに連絡を切る理由がない」と話した。

しかし、ユジンは、当時「所属会社に迷惑をかけるかもしれない」と思って、パク・ヨンハとの関係を明らかにすることができなかった、と語った。ユジンは「デートのとき一緒に撮った写真がインターネットに流布された当時は本当に苦しかった」と打ち明けたりもした。また「女性芸能人としてイメージダウンした。そのことで『私が誰に会い、別れるのかをすべての人々に知らせるのは不適切』だとの事実に気付いた」と話した。

「たくさん変わったものの、依然として韓国内では芸能人の恋愛が自由でないことが事実」だと話すと、ユジンは予想外に「今後は彼氏ができたら公表したい。しかし、今回のことで相対的に女性のほうが損だと思った。今後の数年間は恋人を作らないつもり」だとしにこっと笑った。

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP