주요 기사 바로가기

「韓国人がロンドンの犬を食べるかも」

2004.07.15 15:21
0
英有力紙「ザー・タイムズ」が先週末、韓国人と韓国の食文化を非難する内容のコラムを掲載し、韓国大使館と在英韓国人が強く反発するなど波紋が広がっている。同紙は10日付の週末版に載せたグルメ評論家、ジョナサン・ミデス氏のコラムを通じて、韓国人がロンドン南西部のニューモルドンに密集しているのは、犬の肉を食べられるからかもしれない、とし韓国人社会と韓国の食文化を同時に攻撃した。

食文化についての文を書いているフリーライターのミデス氏は、韓国人が犬を屠殺しているようなイラストレーションとともに掲載したコラムで「ロンドンの韓国人は、なぜニューモルドンに密集しているのか?犬の肉があるからではないか?」という挑発的なタイトルをつけ、ニューモルドンでは、英国人が可愛がっている犬を韓国人が食べているかもしれない、と話した。

一方、英国の韓国大使館は、ザ・タイムズ社あてに抗議の書状を送り、在英韓国人の会と連携し、抗議訪問を行うなど強く反発している。

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP