주요 기사 바로가기

「同じロッカールーム使うなんて」…非手術性転換選手、女子の大会には出場できず=米国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2024.06.13 14:41
0
トランスジェンダー水泳選手リア・トーマス(25・米国)に対して、スポーツ仲裁裁判所(CAS)は女子の部の国際大会には出場できない決定を出した。



 
英紙ガーディアンなど外信は12日(現地時間)、「CASの判断によりトーマスの2024パリオリンピック(五輪)出場は不可能だ」とトーマスのCAS訴訟敗訴を伝えた。

CASはこの日「トーマスは国際水泳連盟が作った政策に異議を唱える資格はない」とし「トーマスは現在米国水泳連盟所属会員ではなく、したがって国際水泳連盟が主管する大会にも出場することはできない」と明らかにした。

トーマスはトランスジェンダーの出場と関連した制度が整備される前までは「非エリート部門」競技に限って出場することができる。また、国際大会だけでなく米国水泳連盟が主管するエリート部門女子の部の競技にも出場できない。

国際水泳連盟は2022年6月「12歳以前に性転換手術を受けた選手に限って女性の部の競技に出場することができる」と明らかにした。ただし「ほとんどの国家でその年齢時に手術を受けるのが可能ではないため、12歳以前に手術するように推奨するわけではない」と説明した。これは性転換選手の女子の部の競技出場を事実上禁じるという意味だ。

以前までは規定上性転換選手もテストステロン(男性ホルモン)数値を基準以下に維持すれば女子の部の競技への出場が可能だった。

男性だったとき「ウィリアム・トーマス」という名前だったトーマスは2019年からホルモン療法を通じて姓を変えた。

2020年からは改名してペンシルベニア大学水泳チームの一員として女子の部の競技に出場した。当時は米国大学スポーツ協会が「男性ホルモン抑制治療を1年以上受けた選手」の女子の部の競技出場を許可した。トーマスはペンシルベニア大学水泳チームの女子選手になった。

男子選手時期、年齢別米国ランキングが400~500位だったトーマスは2022年3月米国大学選手権女子自由形500ヤードで優勝して注目された。

その後「男性生殖器を除去する手術を受けていないリア・トーマスと同じロッカールームを使うのは嫌だ」というチームメイトの主張も出てきた。

国際水泳連盟がトランスジェンダー選手の女子の部への競技出場を事実上禁じたことでトーマスも2022年6月からは公式競技に出場することができなくなった。これに対してトーマスは訴訟を提起した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「同じロッカールーム使うなんて」…非手術性転換選手、女子の大会には出場できず=米国

    2024.06.13 14:41
    뉴스 메뉴 보기
    米国の国旗
    TOP