주요 기사 바로가기

シャオミの電気自動車工場、自動化率91%…ロボットが作る

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2024.04.03 07:46
0
北京市中心部から20キロメートル離れた北京経済技術開発区には面積が70万平方メートルを超える灰白色の工場がとりわけ目に付く。シャオミグループはここのスーパーファクトリーで新しく発売した新エネルギー車生産に拍車をかけている。スーパーファクトリーはランプアップ(生産能力拡大)後には最高76秒に1台ずつ新車を生産できるようになる。

先月28日夜にシャオミ自動車は車の販売価格を正式に公開した。最低仕様のモデルが21万5900元(約452万円)、最高級モデルは29万9900元だ。

 
中国自動車工業協会(CAAM)の統計によると、1~2月の中国の新エネルギー車生産台数は125万2000台で前年同期比28.2%増、販売台数は120万7000台で29.4%増加した。

2月に入りBYD、五菱、長安汽車、哪吒汽車(NETA)などの自動車メーカーが車の価格を相次いで引き下げている。業界関係者は自動車メーカーの値下げで新エネルギー車の普及率がさらに拡大し、新エネルギー車分野で中国のブランド優位が強固になると予想した。

技術革新は中国の新エネルギー車の良好な発展傾向を見せる指標のひとつだ。シャオミ自動車スーパーファクトリーの車体作業場の総合自動化率は91%に達する。自律移動ロボット(AMR)は磁気線が必要なく生産状況によって無人走行であらゆる中・大型部品を各生産段階に自動で配達する。

シャオミスーパーファクトリー関係者は「このように多くの作業場で作業員は数百人にしかならない。ここはロボットがない所がない、高度で自動化されたスマート工場」と説明した。

政策環境も中国の新エネルギー車発展を後押ししている。中国工業情報化部の単忠徳副部長は最近開かれた「中国電気自動車百人会フォーラム」で、中国政府当局は政策体系を完備して産業構造と生態系を持続的に最適化することにより産業の全般的な配置と投資ガイドをより強化すると明らかにした。また、盲目的投資と重複建設を制限し、電気自動車生産参入管理条例を速やかに発表して落伍企業に対する退出メカニズムを構築する計画だと付け加えた。

中国商務部の盛秋平副部長は自動車の「以旧換新(中古製品を新製品に交換した時に提供される恩恵)」を深く展開し、財政・金融支援を拡大する方針だと伝えた。その上で自動車データ共有を推進して自動車の全ライフサイクル情報プラットフォームを構築して新エネルギー車中古市場活性化に拍車をかける計画だと明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    シャオミの電気自動車工場、自動化率91%…ロボットが作る

    2024.04.03 07:46
    뉴스 메뉴 보기
    北京王府井ショッピングモール「東方新天地」のシャオミ店舗に展示されているシャオミ電気自動車SU7。シン・ギョンジン記者
    TOP