주요 기사 바로가기

韓国「また尿素水大乱がくるか」2年前の悪夢に買い占めの兆し

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.12.06 07:25
0
中国の尿素輸出通関保留による「尿素水大乱」が長期化するとの懸念が拡散し、買い占めの兆しまで現れている。

京畿道華城(キョンギド・ファソン)で貨物運送業者を運営するパクさんは「10リットルで6000ウォン(約674円)だった尿素水価格がこの数日で2万ウォンに上がった。供給業者と連絡が取れないなど大量確保が難しい状況」と吐露した。

同地域でレミコン車両を運転するキムさんは「取引業者を通じて尿素水を最大限空輸し工場にある1000リットルのタンクを満たしておくことにした」と話した。

 
この日ロッテ精密化学の尿素水販売サイトにアクセスすると、「一時的な注文急増で宅配サービスが限界に達している」という緊急配送遅延公示が表示された。

個人ドライバーもやはり不安は同じだ。ディーゼル車両を走らせる会社員のキムさんは「2021年当時1万ウォン台だった尿素水5リットルの価格が10万ウォンまで上昇したがそれすら確保するのが難しかった。尿素水を確保するためわざわざASセンターを訪ねて車両整備をした記憶がある」としてため息をついた。当時一部ASセンターでは車両整備を任せれば尿素水を入れてくれたという。キムさんは「事態が深刻化する恐れがあるのであらかじめ買っておく計画」と話した。

業界関係者とドライバーらは「供給支障や買い占め競争が本格化する前に政府が速やかに対応してほしい」と声を高めた。18年間尿素水流通業に従事したAさんは「毎月初めに尿素水8万リットルほどが入ってくるが先週から入らなくなり在庫が3万リットルしかない。9月と違い今回の事態は簡単に解決しなさそうだ」と話した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国「また尿素水大乱がくるか」2年前の悪夢に買い占めの兆し

    2023.12.06 07:25
    뉴스 메뉴 보기
    2021年、中国の尿素輸出中断の余波で韓国では尿素水が品薄になり、貨物車など軽油車の運転手が苦労した。写真は当時およそ10日ぶりに尿素水の供給を受けて販売を再開した大田(テジョン)のセルフガソリンスタンド。 キム・ソンテ記者
    TOP