주요 기사 바로가기

韓国観光ベンチャー企業の日本拠点づくり…「2027年までに計10カ所設立計画」

ⓒ 中央日報日本語版2023.12.05 12:05
0
文化体育観光部(文化部)は5日、韓国観光公社とともに国内観光ベンチャー企業の日本市場参入を支援するため、東京中心部の渋谷に海外観光企業支援センター(KTSC、Korea Tourism Startup Center)を開設すると発表した。

同日午後に開所する東京観光企業支援センターは、昨年8月に開所したシンガポール観光企業支援センターに次ぐ2番目の海外拠点だ。

​観光支援センターは、国内観光ベンチャー企業を対象に事務空間をはじめ、現地事業連携支援、市場調査、広報マーケティングサービスなどを包括的に支援し、企業の現地市場進出を支援する。

 
​事業施設が密集している渋谷に位置する東京観光企業支援センターは、20席規模の事務空間と会議室などを備えている。

​東京観光企業支援センターに入居する15の観光ベンチャー企業は、K-POP体験、ゴルフ旅行、モバイルパスポートシステム、ホテルデジタル転換ソリューションの提供など、様々な事業モデルを素材に日本市場に挑戦している。

​文化体育観光部のヨン・ホソン観光産業政策官は「2011年から発掘・育成してきた観光ベンチャー企業が今年まで1638社が韓国市場を越えて日本、東南アジア、中東など世界市場に事業領域を広げている」として「第4次産業革命とデジタル時代を迎え、2027年までに海外観光企業支援センター計10カ所を設立し、技術融合を強化し国内観光ベンチャー企業の世界的な成長を積極的に支援する」と述べた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国観光ベンチャー企業の日本拠点づくり…「2027年までに計10カ所設立計画」

    2023.12.05 12:05
    뉴스 메뉴 보기
    コロナが落ち着いて外国人観光客が増えた東京は多くの人々で賑わっている。写真は渋谷。 中央フォト
    TOP