주요 기사 바로가기

<サッカー>韓国、3-0で中国に完勝…W杯アジア2次予選2連勝

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.11.22 07:42
0
サッカー韓国代表が「キャプテン」孫興慜(ソン・フンミン、31、トッテナム)の活躍などで中国に勝利し、2026北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選を2連勝とした。

ユルゲン・クリンスマン監督(59、ドイツ)が率いる韓国代表は21日(日本時間)、中国広東省深圳で行われた北中米W杯アジア2次予選C組第2戦で、2得点1アシストをマークした孫興慜の活躍などで中国に3-0で完勝した。

16日にソウルW杯競技場で行われたシンガポールとの第1戦で5-0と勝利した韓国(勝ち点6)は2連勝でC組1位。また韓国は9月のサウジアラビア戦(1-0勝)からAマッチ5連勝となった。韓国は中国との対戦成績を22勝2敗13分けとし、中国サッカーの「恐韓症」を継続させた。

 
W杯2次予選は36チームが4チームずつ9組に分かれて試合をし、各組1、2位の18チームが最終予選に進出する。韓国はシンガポール・中国・タイと同じC組。

中国は国際サッカー連盟(FIFA)ランキング79位で、韓国(24位)を大きく下回る。しかしクリンスマン監督は孫興慜、李康仁(イ・ガンイン、22、パリ・サンジェルマン)、黄喜燦(ファン・ヒチャン、27、ウルバーハンプトン)、金玟哉(キム・ミンジェ、27、バイエルン・ミュンヘン)など主力選手を先発させた。

試合序盤から主導権を握った韓国は前半11分に先制ゴールを決めた。黄喜燦が相手DFの反則でPKを獲得し、孫興慜がこれを落ち着いて成功させた。Aマッチ3試合連続ゴール、個人通算40得点とした孫興慜は、車範根(チャ・ボムグン、58得点)、黄善洪(ファン・ソンホン、50得点)に続いて韓国男子サッカー歴代3人目の「Aマッチ40得点」選手になった。

孫興慜は前半45分にもゴールを決めた。李康仁のCKを頭で方向を変え、個人通算41得点とした。アシストした李康仁は最近Aマッチ4試合で4得点3アシストと好調を維持した。中国は約4万人の観客の一方的な応援を受けながらも無得点に終わり、韓国との実力差が浮き彫りになった。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>韓国、3-0で中国に完勝…W杯アジア2次予選2連勝

    2023.11.22 07:42
    뉴스 메뉴 보기
    ユルゲン・クリンスマン監督
    TOP