주요 기사 바로가기

今年の大学入試でも「わが領土独島」…韓国地理科目に3年連続で出題された問題

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.11.20 09:07
0
大学修学能力試験(大学共通の入学試験)の「韓国地理」科目で独島(トクド、日本名・竹島)関連問題が3年連続で出題された。

19日、慶尚北道(キョンサンブクド)によると、16日に行われた2024学年大学修学能力試験の韓国地理1番問題の文章に独島が登場した。

韓国地理1番の質問項目は位置と領域を尋ねる問題で、新安郡加巨島(シナングン・カコド)、済州道馬羅島(チェジュド・マラド)、そして鬱陵郡(ウルルグン)独島を例に挙げた。

 
該当質問項目は、最南端の馬羅島と最東端の独島の領海設定(12海里)基準は、通常汽船を適用していることを明確にした。領海とは、その国の統治権が及ぶ範囲を意味する。

書院(ソウォン)大学地理教育科のシム・ジョンボ教授は「独島は韓日間で合意できず、排他的経済水域を設定できず、鬱陵島とともに通商汽船を適用している」と説明した。

韓国史科目の7番問題には雲揚号(ウンヨホ)事件に言及する文章に「独島」という言葉が韓国地図に表記された。

道教育庁関係者は「修学能力試験に独島問題が常連として登場したのは教育部と地方自治体の持続的な独島の広報および教育に対する関心と努力の結果」と述べた。

道によると、2005年に島根県が「竹島の日」の条例を制定した後の2007年修学能力試験から今年の試験まで独島関連問題は計11問(韓国地理9問、韓国史2問)出題された。

道海洋水産局のイ・ギョンゴン局長は「慶尚北道は独島守護重点学校を指定し支援している」とし、「今後も独島に関する歪曲の主張対応や教育、広報を積極的に行う」と明らかにした。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    今年の大学入試でも「わが領土独島」…韓国地理科目に3年連続で出題された問題

    2023.11.20 09:07
    뉴스 메뉴 보기
    独島(ドクト、日本名・竹島)
    TOP