주요 기사 바로가기

東京ドーム韓日戦に旭日旗また登場…徐坰徳教授「ファシズムの象徴」抗議

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.11.19 11:09
0
3月に東京ドームで開かれた2023ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)韓日戦に続き17日に同じ場所で開かれたアジアプロ野球チャンピオンシップ(APBC)予選韓国・日本戦でも旭日旗が登場した。誠信(ソンシン)女子大学の徐坰徳(ソ・ギョンドク)教授はAPBC側に抗議メールを送り、「旭日旗応援はアジア人には戦争の恐怖を思い起こさせる行為でありファシズムの象徴」と指摘した。

徐教授は19日、フェイスブックを通じ「17日に日本の東京ドームで開かれたAPBC予選第2戦韓国と日本の試合で日本のファンが旭日旗を持って応援を繰り広げ議論になっている。『全世界旭日旗退治キャンペーン』を着実に広げてきた私はすぐAPBC側に抗議メールを送った」と明らかにした。

その上で「旭日旗は日本人の豊漁、出産などの意味にも使われてきたが、過去に日本がアジア各国を侵略する際に前面に出した旗で、日本の軍国主義と帝国主義を象徴する。すなわち旭日旗応援は過去に日本が犯した侵略戦争の歴史を否定するものであり、アジア人には戦争の恐怖を改めて想起させる行為であり、ファシズムの象徴だと強調した」と話した。

 
徐教授は「特にこれを認めた国際サッカー連盟(FIFA)は昨年ワールドカップ・カタール大会で日本の応援団が広げた旭日旗応援をすぐに制止したという国際事例を教えた。APBCも旭日旗応援をすぐに禁止させ、再びこうした行為が起きないよう強力な措置を取るよう望むと求めた」と付け加えた。

これに先立ち3月10日にWBCの韓国と日本の予選でも旭日旗応援が登場し徐教授がWBC側に抗議している。徐教授はこの日「国際スポーツ大会で旭日旗応援が消えるその日まで最善を尽くすだろう」と強調した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP